トップページ > 観る > 南相馬市博物館
印刷ページ 南相馬市
※こちらの掲載情報は東日本大震災(2011年3月11日)発生以前の情報となります。

南相馬市博物館

(みなみそうましはくぶつかん)

地域づくりは、歴史を知ることから

相馬地方の伝統行事である国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」資料に年間を通して目にすることができ
「相馬野馬追」に突出することなく周辺地域の自然・歴史・民俗をテーマとした展示を行っています。
また、全国有数の化石の宝庫として、近年全国的な注目を集める相馬地方。
各年代紀ごとの地層を確認でき、それぞれから化石が発掘される稀有なスポットとしての人気が高まっています。
館内シアターでは「相馬野馬追」や、悠久の南相馬の歴史・自然など地域紹介映画を上映。
敷地内には庭園や広場、日本独自の設計による蒸気機関車C50が展示され、ご家族連れで楽しめる施設です。

:野馬追開催期間外でも、この博物館でだけ常時観ることができます

  
左:原始・古代から年代を追って展示  /  右:1億5000万年前からの歴史ロマンに触れてみてください

住所(所在地):福島県南相馬市原町区牛来字出口194 
問い合わせ先(名称、電話、FAX):南相馬市博物館
TEL:0244-23-6421
FAX:0244-24-6933
開(休)館日等:【休館日】毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、翌平日が休館日)、12月29日~翌年1月3日
開催日・時間:【開館時間】9:00-16:45(最終入館は、16:00)
施設:【常設展示室】
・野馬追部門・自然部門・歴史(原始・考古・中世・近世・近代・現代)・民族部門
【特別展示室】
年2回程度の企画展を開催
【シアター】
150インチ、ハイビジョン対応映像設備による資料案内及び学習
30分おきに17分の「すばらしき原町」を上映
収容人員83名(うち車椅子席3席)
【体験学習室】
講演会・講座・体験学習 収容人員100名
料金:【観覧料】
[一般](個人)300円、(団体)250円
[高校生](個人)200円、(団体)150円
[小・中学生](個人)100円、(団体)80円
※ 企画展開催中は、観覧料が異なる場合があります。
※ 「団体料金」は20名以上の団体となります。
※ 障害をお持ちの方は無料となります。(手帳をご提示下さい)
※ 南相馬市内、および飯舘村に居住・通学する小中高生は無料です。
駐車場:
アクセス:JR常磐線原ノ町駅より車で約10分
ホームページ:福島県南相馬市役所
http://www.city.minamisoma.lg.jp/
備考:※ 体験学習・講座を随時開催。
詳しくは、南相馬市博物館広報誌「ミュージアム通信」または、博物館サイトをご覧下さい。

地図を見る

※こちらの掲載情報は東日本大震災(2011年3月11日)発生以前の情報となります。

南相馬市のおすすめスポット

※ マウスオンで、おすすめスポットの名称表示。
※ クリックで、詳細ページを表示します。
  • 埴谷島尾記念文学資料館
  • 宝蔵寺
  • 竹本果樹園
  • 若松味噌醤油店
  • accavalcare
  • 江垂観音堂
  • 泉観音堂
  • 大甕観音
  • 片草観音堂
  • 同慶寺観音
  • 福岡観音堂
  • 上浦観音堂
  • 小池観音堂
  • 新田観音堂
  • 岩屋観音堂
  • 鳩原観音堂
  • 石田屋菓子店
  • もつ鍋・焼物・せいろ蒸 てつや
  • じぇらーと蔵
  • 自家焙煎珈琲専科 りっぷる
  • 相馬小高神社
  • 相馬太田神社
  • 手打ち中華そば 藤喜
  • Verde Casa
  • 山川食堂
  • あじさい

前のページへ戻る


相双地域ってこんなとこ!

******【ご注意】******
当サイトはInternetExplorer7
以上で、閲覧ください。
最新バージョンはこちらから。
Internet Explorerダウンロードサイト
******【ご注意】******

PAGE TOP

  • 新地町
  • 相馬市
  • 飯舘村
  • 南相馬市
  • 浪江町
  • 葛尾村
  • 双葉町
  • 大熊町
  • 川内村
  • 富岡町
  • 楢葉町
  • 広野町

福島県相双地方振興局
Copyright 相双ビューロー SOSO BUREAU All rights reserved.