イベント概要

(木):0-6:

受講料無

第一部では、日本政策金融公庫の東北創業支援センター所長の伊藤真氏を招いて、地域に貢献したい、新規事業を起こしたいという方々に向け、様々な支援制度や資金調達方法、創業事例の紹介を行います。第二部では、福島県内で活躍している若手起業家3名を招いて、創業体験や福島県に関しての様々なテーマでパネルディスカッションを行います。

定員 : 0名

主催 : 特定非営利活動法人 相双NPOセンター

会場 : 福島県南相馬市原町区旭町2丁目7-1 南相馬市民情報交流センター 中会議室

コンテンツ

「創業支援制度 / 資金調達」

14:00-:

日本政策金融公庫 東北創業支援センター

講師:伊藤 真(いとう まこと)氏

日本政策金融公庫は、100%政府出資の政策金融機関です。本セミナーにおいては、日本政策金融公庫東北創業支援センターの所長である伊藤真氏をお招きして、日本政策金融公庫が行う東北での創業支援の体制や、創業事例の紹介、また開業資金調達に係るお話をしていただきます。創業をお考えの方のみならず、東北地域の経済情報の把握に努めたい方など、地域経済活動を行う様々な方に有意義な内容となっております。

「パネル・ディスカッション」

:00-6:

福島県内で事業展開を行う3名を招き、様々なテーマによるパネルディスカッションを行います。

創業に至った理由や、創業にあたり苦慮した点、これからの福島に対しての想いなど、これからの福島と創業に係る話を3者の各々の観点から話していただきます。また、パネル・ディスカッションのコーディネーターとして日本ビジネス・インキュベーション協会認定のインキュベーション・マネージャーとして、県内の多くの創業に携わった重巣敦子氏を招き、県内トップクラスの起業支援者の立場から進行を行っていただきます。

コーディネーター

日本ビジネス・インキュベーション協会認定

インキュベーション・マネージャー

重巣 敦子(しげす あつこ)氏

自身も会社経営を行いながら、福島県会津若松市を中心に創業支援に携わる。

東北IM連携協議会 TAIM Awards 2015を受賞。

パネリスト

株式会社小高ワーカーズベース 代表取締役

和田 智行(わだ ともゆき)氏

月に株式会社小高ワーカーズベースを立ち上げ、原発事故の警戒区域である南相馬市小高区においてビジネスやコミュニティの中心的プラットフォームを構築する。同年12月からは震災後区域内初なる飲食店「小高のひるごはん」をスタートした。

株式会社コンセプヴィレッジ 代表取締役

馬場 大治(ばば だいち)氏

013年に株式会社コンセプヴィレッジを立ち上げ、福島県内の生産者と連携し、県産野菜とハンバーグの駅弁をJR東京駅で販売するなど商品の企画、デザイン、運営を行い、ビジネスモデルとして高く評価され、ふくしまベンチャーアワー015にて最優秀賞となる。

NPO法人タタキアゲジャパン理事長/株式会社夜明け市場取締役

松本 丈(まつもと たけし)氏

01年に株式会社夜明け市場を設立。福島県いわき市でシャッター街となったエリアを飲食街「夜明け市場」として再開させいわき市の復興のシンボルになるまでに成長をさせ、現在もNPO法人TATAKIAGE Japan理事長も務め街全体の復興を視野に入れ活動をおこなっている。

「交流会・名刺交換会」

参加者とパネリストを交えた交流会の時間を設けます。

:00-:

会場アクセス

会場 : 福島県南相馬市原町区旭町2丁目7-1

    南相馬市民情報交流センター1F 中会議室

JR常磐線 原ノ町駅から徒歩2分

申し込み

個人情報の取り扱いに関してはプライバシーポリシーをご覧ください。

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

応募が完了しました。