メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
   

相双の んめモンっ

野馬土手カレー

相双ビューロー

福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
福島県・相双地方の
地域情報ポータルサイト
相双ビューロー

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

タグクラウド

相双神旗ディネード

お天気チェック

応援してくださいっ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福島情報へ
人気ブログランキングへ

猿まわし太郎次郎in南相馬


一千有余年の歴史を誇る、相馬の伝統・野馬追が今年も開催され
こどもたちが夏休みに入った暑いいちにち。
猿まわしの村崎 太郎・次郎のコンビが
南相馬市原町区の野馬追通り 銘醸館にやってきました。

猿の次郎も、猿まわし芸人の村崎太郎も
今自分たちがやらなければならないことは何だろう…
と考えました。
生きる者には常に喜怒哀楽があります。
これだけ大きな悲しみや苦しみを与えられたならば
きっと同じぶんだけ、喜びや楽しみが与えられるはずです。

人は”笑う”ということを忘れてはいけません。
”笑顔”は人に与えられた特権です。
だから今、太郎次郎は自分たちが唯一得意とする
”笑ってもらうこと”=”笑顔になってもらうこと”
それをこの南相馬でやらせてもらおう!と思っています。

公演の広告に掲載された、太郎さんと次郎クンからのメッセージです。

  

  

  

太郎さんと、次郎クンのコンビは
3.11の震災以降、震災の被害を蒙った各地を回り
被災した方々へ無料で、笑顔を提供しています。

公演が終わった後、時間をとっていただいた太郎さん。
「世界中のこどもたちへ猿まわしを見てもらい知ってもらいたいと思っていた。
 世界へ出る前に、この震災が起こった。
 ”がんばって下さい”という気持ちはない。
 何に対してがんばるのか。
 なぜ被災地だけががんばらなければいけないのか。
 自分と次郎は猿まわしをがんばる。
 自分ができることをがんばる。
 被災地といっしょになってがんばる。
 猿まわしを通して皆さんと寄添い
 そのことで皆さんにお伝えしたい。」

冷房を抑えた会場での公演を終えたばかりの太郎さん。
大きな汗を流しながら、絞るようにお気持ちを語って下さいました。

公演終了直後も、次郎クンといっしょに
会場を埋めた人々との記念撮影に気軽に応じていた太郎さん。
  

公演の最後には
「知り合いが1曲披露したいと言っているので
 皆さん、よろしいでしょうか?」
と、会場に呼びかけ、ご本人がギターを抱えて再登場。
太郎さんが本当に伝えたかったメッセージを歌に込めて
会場に語りかけました。
  

 ===猿まわしコンビ 太郎次郎よりメッセージ===
 橋はかかる 人の心に…

 (画像クリックで拡大表示します)

 [この子が恋をする頃までには…]

 作詞:栗原 美和子
 作曲:村崎 太郎

 (画像クリックで拡大表示します)

この子が恋をする頃までには
野原には花が咲き乱れているんだ
この子が恋をする頃までには
太陽の光があふれんばかりにふりそそぐんだ
    

東京電力原発から30km圏の相双のこどもたちは
夏休みに入っても、プールに入れず、外で走り回って遊ぶこともできません。
まして、放射線から避難するため親と離れ
他地域で生活しているこどもたちもたくさんいます。

村崎 太郎さん・次郎クンの公演には
こどもたちの笑顔がたくさんありました。
お父さん、お母さんといっしょに笑っている、こどもがいました。
じーちゃん、ばーちゃんと手を叩いている、こどもがいました。
村崎 太郎さん・次郎クンの公演には
ごく普通に暮らしている家族の顔が集まりました。



 福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福島情報へ    人気ブログランキングへ

コメント & トラックバック

  1. ゆっ太郎 より:

    □■□■□■□■□■□■□ お返事 □■□■□■□■□■□■□
    半杭正幸 さん

    南相馬こどものつばさプロジェクトや
    絆ジャパンなど民間諸団体、ボランティアさんが
    夏休み期間中のこどもたちへの
    たくさんの他地域旅行を企画運営していただいています。

    除染に関しても多くの方々に様々な活動をいただいています。
    ありがたいことです。

  2. 半杭正幸 より:

    子供達は、プールにも公園にも行けないのですか。口惜しいの一言ですね。私の住んでいるつくば市には、農業技術研究所が有って、土壌に溶け込んだ放射能物質を、吸い上げると言われる作物が植えられています。ブログに載せましたが、来春には種を買って来て小高区に蒔く予定です。成功すれば新しい産業も可能です。徐染が進まなければ、工場を誘致したくても出来ません。中国の友人にUターンを断られてしまいました。

facebookコメント

facebookページもチェック!

twitter

こちらの記事もチェック!

さごはちにあっぱれ
2011/03/07
********************************** 福島県、山形県の郷土料理で、麹で漬けた漬物のこと。...
南相馬鹿島区で保育園再開
2011/05/10
東京電力原子力発電所から 20km圏までの、自分の家に帰るのにも罰則規定のある「警戒区域」 20km圏から、放射線量の高...
南相馬のこどもたちへ楽しいイベントのプレゼント
2011/05/26
全国放送のニュース番組で 「南相馬市内では”閉鎖”されています。」 と、報道された幼稚園・保育園。 東京電力原子力発電所...
南相馬市原町区で幼稚園・保育園が再園
2011/10/14
東京電力原子力発電所から30km圏の 緊急時避難準備区域が解除されて約2週間。 震災から7ヶ月休園となっていた南相馬市内...
小高区5校PTA夏祭り
2012/08/27
東京電力原子力発電所災害により 居住が制限された南相馬市小高区のこどもたちのために 小高区5校小中学校PTA連絡協議会主...