メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
   

相双ビューロー

福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
福島県・相双地方の
地域情報ポータルサイト
相双ビューロー

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

タグクラウド

相双神旗ディネード

お天気チェック

応援してくださいっ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福島情報へ
人気ブログランキングへ

川内村 記事一覧

【川内村】 Cafe Amazon(カフェ・アメィゾン)...

昨年11月にオープンした川内村の国道399号沿いにある 赤いオウムがトレードマークのタイ最大手のコーヒー・チェーン店 Cafe Amazon(カフェ・アメィゾン)に行って来ました。 ログハウス調の店内には約70席、テラス席やソファー席、個室もありました。 ゆったりくつろげる空間で憩いの時間を過ごせそうです。       飲み物のみの営業との情報からランチ営業を始めたと聞きつけ行ってみたら ランチやってましたよ、川内村の米と野菜を使った Amazonカレー(アメリカンコーヒー付き) 早速注文です。 『 たっぷり温野菜のAmazonカレー(アメリカンコーヒー付き) 』(¥1,200) ちょっと辛いスパイスが効いたカレー大人の味って感じ、辛さがジワリジワリと口の中に広がります お子様には辛い部類になるかもです その後に食べる温野菜がとても甘く、甘くおいしいです。(^O^) 食べ進めていくうちにじんわりと汗をかくころにごちそうさまです。 食後のコーヒーを頂きます ブラックだとちょっと濃いというか苦めですね。 風味豊かで、香りを楽しみごちそうさまでしたぁ~ ************************** Cafe...

【川内村】そば処たかやま倶楽部 2017年の営業再開...

冬季休業していた、川内村そば処たかやま倶楽部が 3月18日(土)から、今年2017年の営業を再開しました。 ~川内村産石臼挽きそば粉100%~ 3月18日(土)、19(日)、20(月・祝)、21(火)の営業再開の特別メニューに ビューロースタッフ駆けつけてみました。 お得なそばバイキング!! なんとっ御一人様1,000円です。    そば1枚、川内高原野菜天ぷら、サラダ、漬物 ふき油炒め、いとこ煮等々盛りだくさんです。 好きなものを好きなだけ!...

そばフェスタinかわうち2015

そばフェスタinかわうち2015へ行ってきた...

さわやかな秋晴れの天気に恵まれた10/17(土)、18(日) 阿武隈高地の豊かな山村、川内村で 「そばフェスタinかわうち 2015」が開催されました。 開催2日間の両日それぞれ1,500食の蕎麦が無料提供とあって 提供開始時間前から、会場へ次々とお客さんが増えていきました。 ...

【川内村】蕎麦酒房 天山 ふくしまDC特別メニュー...

川内村にあります 『蕎麦酒房 天山』と言えば 本格そばを味わえる、十割手打ちのお店ですよね。 そんな常識を覆させるふくしまDC特別メニューが登場です!! でっかいでっかいエビ天が9本も乗った二人前ものボリュームがある 蕎麦酒房...

【川内村】そば打ち体験も出来る 『たかやま倶楽部』...

今回は、川内村のそば専門店 「たかやま倶楽部」で お昼をいただきました たかやま倶楽部では 食事をする以外に そば打ち体験も出来ちゃいます ただし要予約となっておりますので ご希望の方は是非予約して そば打ち体験されてみてください 店内に入ると 入口が広く開放感を感じられ、 すぐ正面の券売機が目にとまります ↓クリックで拡大表示します↓ 営業再開して あまり経ってなく、メニューは もりそば、天ざる、山菜そば、天ぷらそば の4種類でした 外は雨も降っており結構寒かったので 「天ぷらそば 温」1,300円を 注文します    座席はテーブル席と座敷席があり ゆったりできる座敷席の方へ座りました やはり手打ちそばということも あってか結構待ち時間はありましたが お待ちかねの天ぷらそばが到着します 天ぷらがサクサクしてて 凄く美味です 待ったかいがありました!   そばをよく見ると麺の一本一本   太さが違い手打ち麺らしさが出ています   川内村に行ったらやっぱり   そばを食べなきゃと   そんな気持ちにさせられる一杯でした =============== たかやま倶楽部 住所 双葉郡川内村上川内字町分282-6 TEL 0240-38-2067 営業時間 11:00~14:30 定休日 水、木、金

【川内村】野菜たっぷりみそらーめんでおなじみ『らーめん三七三(みなみ)』...

今日は川内村にあります ラーメン店『らーめん三七三(みなみ)』さんを 紹介したいと思います 場所は川内村役場から西に少し行って 結構分かりやすい所にあります ランチタイムは作業員のかたや 役場職員の方々でいっぱいです 店内はカウンター席と座敷席があり どちらもほぼ満席状態!?でしたが なんとか席を確保してメニュー表を チェックします ↓メニュー表はコチラ↓(クリックで拡大表示します)    全メニュー写真付きなので 親切ですね 写真では野菜たっぷりにみえる みそらーめんが気になったので 注文します 実際にみてみると 野菜の量がホントに多いです みそらーめん650円の割には ちょっと野菜のサービス 良過ぎるんじゃないのと 思ってしまいました 味の方は野菜たっぷりなせいか 若干薄味でしたので テーブルにあった辛味噌を加えて みると丁度良い塩梅になります 野菜もシャキシャキしていて 食べ応えもあり美味でした 他にも野菜炒め定食や カツ丼、親子丼、玉子丼もあり まさに、川内村の食堂みたいな 存在になってますね ================= らーめん三七三(みなみ) 住所 双葉郡川内村大字上川内字町分373 地図は[コチラ] TEL 0240-38-2882 営業時間 11:00~13:00 17:00~20:00 定休日 日曜日・祝日

【川内村】蕎麦酒房 天山...

相双は、東の太平洋から、西の阿武隈の山脈を望む 海と山と川の自然と、豊かな恵みに育まれた地域です。 阿武隈高地の山懐に抱かれた川内村は 東京電力原子力発電所からの30km圏内に村全体が含まれ 東京電力原子力発電所災害により 一部が警戒区域とされ立入制限が敷かれ 全村避難を余儀なく続けさせられています。 このような状況の中にも 川内に残り仕事を続け、村民全員で戻れる日まで村を守ろうとしている 方々がいらっしゃいます。 家族を他県や、避難所へ避難させ、避難所と村を行き来しながら 村に残った方々のコミュニティを存続させるため 一時帰宅される村民の方々の拠所として 蕎麦酒房 天山を6月に営業再開された 店主、井出 茂さんも、そのおひとりです。    100年を経た古民家を移築し 川内村で栽培した、福島県オリジナルそば品種「会津のかおり」を 丁寧に石臼で挽いた、川内村産100%の蕎麦「高原の輝き」を使用した 本格十割手打蕎麦を提供してくれるお店です。    お店の名前の由来となった「天山」は 蛙の詩人、草野 心平 先生と川内村の方々との心の交流に由来します。 国の天然記念物であるモリアオガエルの生息地「平伏沼」(へぶすぬま)。 川内村を訪れる先生と、村民の方々の親交は深まり 先生は蔵書を村に寄贈され、村民が一木一草を持ち寄り文庫が建てられました。 その文庫は、中央アジアを越えて、東洋と西洋を結ぶ「シルクロード」にそびえる天山山脈になぞらえ みちのくと中央の交流、人と人との出会いを大切にしたいという熱意を込めて 草野 心平 先生が『天山文庫』と命名されました。 天山文庫の前庭で 例年7月第2日曜に開催されていた『天山祭』。 川内村を離れ避難されている方々が 村外遠方からお越しになられる方々が 草野 心平 先生を偲び、伝統芸能を披露し、酒を酌み 今年は7/23に会場を「いわなの郷」に換え開催されました。 7月下旬、蕎麦酒房 天山の井出さんから 暑中見舞いの葉書をいただきました。  天山祭のポストカードに  草野 心平 先生のカエルの詩  『ごびらっふの獨白』  (画像クリックで拡大表示します) ”頑張ってるね。見てるよ。応援しています。” 草野 心平 先生が愛した自然豊かな川内村と 先生が愛した川内村の方々の心は、今も受継がれています。 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ◆蕎麦酒房 天山 福島県双葉郡川内村大字上川内字町分211 (地図はこちらから) 営業時間:11:30~13:30 TEL:0240-38-2033 FAX:0240-38-3121 web:福島県川内村 蕎麦酒房 天山 URL:http://www.kawauchi-tenzan.com/ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/