メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
   

相双ビューロー

福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
福島県・相双地方の
地域情報ポータルサイト
相双ビューロー

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

相双神旗ディネード

相双地域復興支援

最新更新情報

渡部商店なべちゃん1

【南相馬市鹿島区】テレビで紹介された"ユーチューバーがいるお店"「渡部商店 なべちゃん」...

      「渡部商店なべちゃん」に行ってきました。         TUF(テレビユー福島)では、福島県内のオススメスポットを紹介する番組「ふくしまSHOW」を放送しています。 以前、この番組で南相馬市鹿島区・小高区エリアの紹介があり、そこで「ユーチューバー」がいるお店として紹介されたことがあります。   調べてみると、渡部商店なべちゃんのYouTubeチャンネル名は「なべちゃんねる」というそうです。 鹿島区周辺のお店や耳寄り情報など、結構な数のコンテンツを発信されているようです。 動画を拝見させていただきましたが、どこかフレンドリーな感じで良いなという感覚でした。 誰かの日常をのんびり見聞きするのもなんだか良いですね。   投稿主は店主なのでしょうか。 直接聞くことはできませんでしたが、店主はとても元気そうなお方でした!   動画が気になる方はコチラ。 YouTubeチャンネル...

"令和3年産南相馬市産食用米PR事業「新米出発式」「新米発表会」

令和3年産南相馬市産食用米PR事業「新米出発式」「新米発表会」...

昨年に続き、令和3年の今年も 南相馬市産食用米「天のつぶ」と「こしひかり」の新米出発式・新米発表会が ふくしま未来農業協同組合相馬地区本部前、かしま交流センターを会場に開催されました。 出発式の時間まで 新しく開設された南相馬米の情報を発信するポータルサイト「南相馬米’S」の映像が ビジョンカーで会場に流され、南相馬市産こしひかり、天のつぶについて教えてくれていました。        [南相馬米の情報発信基地...

広野町_広野駅1

相双名所探訪 ~広野町~...

      福島県双葉郡広野町の名所を取材してきました。   今回は、その名所の一部をまわってきた模様を写真とともにお送りします。       - 広野駅 -     2011年に発生した東日本大震災の発生後、しばらくのあいだ運行が困難だった駅の一つですが、2020年3月に常磐線が全線開通し、広野駅も以前のように運行ができるようになりました。       ...

(~2021.10.31まで)常磐線スマホスタンプラリー

(~2021/10/31まで!)常磐線スマホスタンプラリー開催中!...

      一般財団法人福島県電源地域振興財団では、昨年常磐線全線の運転再開を記念して開催された 「常磐線全線運転再開記念スマホスタンプラリー」に続いて、 今年もJR常磐線内を巡るスタンプラリー「常磐線スマホスタンプラリー」を実施しています。   昨年から規模を拡大し、今回はJR常磐線の駅に加え、浜通りエリアの観光施設を含む、全3エリア40地点が対象スポット。     スタンプは、対象スポットに掲示されたQRコードをスマートフォンで読み取って取得するのですが、その際は端末のGPS機能をONにすることをお忘れなく。   見事40個すべてのスタンプを集めると、1万円分の宿泊券や特産品等の詰め合わせが抽選で当たるかも?   また、獲得スタンプ数に応じて浜通り地域内の宿泊券、特産品や名菓などが当たる4つの賞にもそれぞれ応募できるとのこと。   懸賞、当たったら良いなぁ~と思いますね。当たるとなんでも嬉しいものです。   スタンプラリーの楽しいところは、各エリアの主要なスポットを巡るキッカケになることだと思います。 現在回ってきた相馬エリアスポットの外観もしっかり写真を撮りつつ...。 あとで見返してここに行ったなぁってなるのが良いなと思います。               あとはコレクター魂が揺さぶられますね! スポットごとのスタンプ画像にもこだわりがあり、集めるのが楽しいです。   そういいながら「相馬エリア」はあと少しでコンプリートです! この調子で「双葉エリア」も少しずつ集めていきたいと思っているところです。       集めていくとこんな感じでスポットにスタンプが増えていきます。 この少しずつ埋まっていくのが楽しいのですよ...!     (※スタンプ画像はモザイク処理をしております。ぜひ皆さんの目で素敵なスタンプをご覧ください!)       常磐線スマホスタンプラリー、まだまだ間に合います。 JR常磐線をご利用の際など、ぜひスタンプラリーに参加いただき、福島県の魅力に触れる旅をお楽しみください!!     〇開催期間 2021年8月1日(日)~10月31日(日)   〇エリア ・いわきエリア ・双葉エリア ・相馬エリア      スタンプ設置個所など詳細はコチラ↓ 【常磐線スマホスタンプラリー 特設サイト】 https://sosobureau.yumesoso.jp/stamprally2021-v2/     ---------------------------------------------------------------------------------------------------   ◇お問合せ先◇ 相双地方復興ツーリズム推進委員会(福島県相双地方振興局企画商工部内)  電話:0244-26-1142 ◇主催◇ 一般財団法人福島県電源地域振興財団   ---------------------------------------------------------------------------------------------------      
双葉町産業交流センター11

【双葉町】双葉町産業交流センター ~愛され続ける人と味~...

      双葉町産業交流センターに来ました。   この施設は、2020年10月に双葉町内で最も早く避難指示が解除された中野地区にオープンしました。           双葉町の復興をけん引する中野地区の中核施設という位置づけで、貸会議室や貸事務所のほか、フードコートやレストラン、土産物店等の商業施設が入る複合施設となっています。   双葉町民の方々をはじめ、東日本大震災・原子力災害伝承館や福島県復興祈念公園等の周辺地域へ来訪される方、 町内に立地する企業関係者の方の幅広い方々が交流する拠点となり、 新たな価値を生み出していく場所を目指して運営されています。   施設の中に入ると、道の駅のようにお土産コーナーのようなスペースがありました。 津波と原発事故から蘇った酒蔵"鈴木酒造"で作られた日本酒「親父の小言」のほか、福島県内のお酒が並んでいるスペースもありました。           お外では、自動で芝を刈ってくれる「芝刈りロボット」も走っていたり。 触れたい気持ちがありますが、「ダメです。」と書かれているので我慢しつつ、感謝の意を。 いつもありがとうございます。           フードコートは明るくゆったりできそうな空間になっています。 いまは新型コロナウイルス感染症の対策で、対面する場所にはパーテーションが設置されています。           まずは「せんだん亭」というお店。 ここでは、ラーメンや浪江町発祥のご当地グルメ「なみえ焼きそば」などの麺類を提供しています。   浅見さんという方が運営しています。 東日本大震災発災後、浪江町役場すぐそばにあった仮設商店街で、これまでずっとなみえ焼きそばを提供していたそうです。 以前より浪江町の「まちおこし活動」に力を入れているなどの取り組みに注目され、本施設内への出店につながったとのこと。           うどんのような極太な中華麺、豚バラ肉とモヤシをラードで炒め、濃厚なソースを絡めるという組み合わせがまさに絶品です。 この一味唐辛子をかけて食べるのが通の食べ方ともいわれています。 ピリッとしたアクセント、おススメですよ。   今ではご当地グルメのイメージが色濃いですが、もともとは戦後に、汗を流して働く人々のために誕生したものだったのだというから驚きです。   そして、盛り付けられているお皿にもこだわりが。 このお皿、浪江発祥の伝統的な陶器「大堀相馬焼」を使用しています。           次は「ペンギン」です。 1982~2007年までJR双葉駅前でファーストフード店として地元に愛されてきたお店が、新店舗として復活しました。 ファーストフード店ということで、ハンバーガーやフライドポテト、ドーナツなどのメニューのほか、新たな看板メニューの一つであるサンドウィッチなどを提供しています。           店名の「ペンギン」は、オープン当初にソフトクリームやシャーベットを販売していたことから、 氷菓子をイメージしてつけたのだとか。なんだか素敵です。   今回食べたのはハンバーガー(ビーフ)とハンバーガー(チキン)+コーラのセット。   肉厚なビーフがおいしい。 あふれ出る肉汁はもちろん、キャベツとビーフがちょうどよい組み合わせでした。           チキンも歯ごたえ抜群。 トマト風味のソース?を使ったようなビーフとはまた違う感じ。 少し照焼き風というか、こちらも次から次へと口に頬張りたくなります。 マヨネーズが絡まるキャベツがチキンと相性バッチリです。 コーラもナイス。           当時、駅前にあった店舗は残念ながらすでに閉店しています。 しかし、震災後、双葉町内をアートで盛り上げる「双葉アート」という取り組みがあり、町の憩いの場となっていたペンギンの店主である吉田さんがピックアップされて、その素敵な笑顔がアート作品として双葉駅前に描かれています。     相双ビューローでも以前双葉アートを取材したことがありましたので、その記事ページのリンクを貼っておきます。 ご興味ありましたらぜひご覧ください。   相双ゆたどさ...

みんなだいすき しあわせいちごぱん(南相馬市)5

【南相馬市・大熊町】高校生たちが発案!「みんなだいすき しあわせいちごぱん」...

      福島県南相馬市の原ノ町駅にやってまいりました!           理由は、大熊産のイチゴを使ったユニークなパンがここで販売されるという情報を耳にしたからです!   そのパンは、福島県福島県南相馬市にある相馬農業高等学校の生徒さん約20人による有志チームが開発したということです。 パンの名前は「みんなだいすき しあわせいちごぱん」。 とてもかわいらしい名前ですね。名前の由来は「食べた人が笑顔になれるように」という思いからとのこと。   パンの中にはコンフィチュールというイチゴを煮詰めたジャムのようなものを入れたり、こだわりのデザインなど、約1年かけて生徒さんたちが考案しました。           この取り組みは、JR東日本による大型観光企画「東北デスティネーションキャンペーン」の一環で、大熊町の「ネクサスファームおおくま」が生産するイチゴを使った新たな商品開発を同校に依頼したのがキッカケなのだそう。     そして、試行錯誤の末に生まれた素敵なデザインや煮詰めたイチゴを基に、福島県南相馬市のパン工房「パルティール」さんがパンを製造しました。           販売会場は当初、原ノ町駅と伺っていましたが、人通りの多い駅隣りにある南相馬市立中央図書館まえに変更とのことなので移動します。   会場には販売係として駆けつけた相農の生徒さんと先生、パンを製造したパン工房「パルティール」さん、JR東日本の駅員さんたちが集まり、設営を開始。 いちごぱんがメインですが、普段から相農ショップなどでも目にする「ラクピス」や「ジャム」なども店頭に並びます。           また、時折こんな微笑ましい光景もありました。青春!           その様子を見た通行人などの注目も少しずつ集めて、いよいよといった雰囲気に。   パルティールさんが搬入してきたパンの写真を撮らせていただきました。   わぁ...おいしそう...           パンは表面をクッキー生地でコーティングして焼き上げられている感じでしょうか。良いですね。           そうこうしているうちに定刻となり、駅長さんから一言お話があったあと...ついに販売が開始されました!!           さっそくたくさんのお客さんが購入されていきます!                   おっと少し落ち着いたかな...あとどのくらい...           って、えぇぇぇぇぇーーーっ!!!!!           今回販売するパンの数は55個、だったのですが、、なんと約10分ほどで完売してしまいました...!   実はこのパン、すでに大熊町役場で先行販売会をしていて、その際に販売した50個のパンは1時間足らずで完売していたという話を聞いていたので、すごい!と思っていたのに... とんでもない記録更新の瞬間に立ち会ってしまいました(笑)   そしてお値段のところに...           「完売」           「完売」です。(再確認)           ...そんなわけで、気になる味はぁー...と行きたいところですが、見事に買えませんでしたのでありません(笑)      いったいどんな感じのパンなのだろうと気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?   ご安心ください。次回のパン販売も予定されています! 直近ですと、次は道の駅なみえで販売予定だそうです。     新型コロナウイルスの影響がまだまだ油断できない世の中ですが、相農生と地元パン工房、そして鉄道会社の方々の笑顔を見れてよかったなと思いました。       ※写真撮影の時のみマスクをはずしております。       買えるかは運次第かもしれませんが...道の駅なみえの販売、行ってみようかな...     相馬農業高等学校では、実習授業の一環で生徒さんたちが製造したパンなどの販売を行う「相農ショップ」も開催しています。 今回取材した「みんなだいすき...

相馬市 - アポロ食堂7

【相馬市】レトロな雰囲気漂うラーメン屋さん「アポロ食堂」...

      相馬市中村城の大手門すぐ横にあるラーメン屋さんの「アポロ食堂」に行ってまいりました。   実はこのお店、私が学生時代にはすでにありまして、気になっていたものの今まで一度も入ったことがなかったお店でもあります。 あれから十数年、ついに入店です。           お店に入って最初に感じたのは、この独特な雰囲気の内装。 ぴかぴか光るボード?や世界中の国旗が描かれた布など、レトロ感とグローバル感がありました。           また、店内の奥へと入っていくと、これまた雰囲気のあるストーブやギター、そして...「COCHACO英会話」? COCHACO...こっちゃこ...こっちゃ、来う?もしかして方言からとったのでしょうか?   入り口近くにも「英会話」と書かれたカードが置いてあったところをみると、詳細は分かりませんが、英会話教室もやっているのかなぁと推察。 あとなんとなくですが、店員さん同士のやり取りを見た感じ、家族で経営されているように感じました。           入店した際、ちょうど入れ替わりのお客さんがいましたが、店員さんに「おいしかったです。また来ますね。」 と話しているのが聞こえ、ちょっと楽しみが増してきました。   さて、こちらがメニュー表です。結構種類がありますね。ラーメンがメインだと思いますが、カレーライスなどもあるようです。 ラーメンとカレーライスって結構よい組み合わせだなと思ってます。 ちなみに使っている麺は、北海道直送の西山製麺を、米は相馬市成田産のものを使っているのだそうです! ラーメン好きな方の間でも有名な西山製麺を使用されている、店主のこだわりなのでしょうか。           今回は和風ラーメン(麺普通盛り)、辛みそラーメン(麺大盛)を注文してみました。   和風ラーメン(¥660円)は、あっさりとした醤油のスープにネギ、ホウレン草、干ぴょう、海苔、チャーシューがのっかっていました。 個人の感想ではありますが、スープがちょうど良い塩梅でおいしかったです。チャーシューもほどよくトロっとしていました。           お箸の入っている袋には、お店の奥にあったストーブに火が灯っている写真が載っています。 黒い背景によく合いますね。記念に持ち帰ってきました。           辛みそラーメン(¥860円+麺大盛り¥130円)は、ネギ、わかめ、干ぴょう、チャーシュー、そして大量のモヤシがのっかっています。 「辛」みそなので味噌の濃厚なスープの色の上にさらに赤いのが浮いてますね...。 なんとなくですが、辛いラーメンには大量のネギかモヤシがのっている、という勝手なイメージがあるのですが、どうなのでしょうかね。           辛みそラーメンはオプションで辛さを5倍または10倍にすることができるようです。 個人的には、普通の状態でちょうど良い辛さでした。麺はちぢれ麺でスープとよく合う印象です。           ...と、おいしくラーメンを食べていたところ、チラッと店員さんが他のお客さんに興味深い話をしていました。   過去に、建設現場で働く方々がお店のラーメンを食べに来たことがあって、その中にいた北海道出身の人から『「塩バターラーメン」が一番本場に近くておいしかった』とのコメントをいただいたそう。店員さんは『実際に北海道へ行って食べたことはないからわからないんだけどね!』 と言って笑っていましたが、なんですかそれ...気になるじゃないですか!   もちろん今回食べたラーメンもおいしかったのですが、そんなお話を聞いてしまったら食べてみたくなるじゃないですか... これでもう一度来店する理由ができましたね。   次は、「塩バターラーメン」を食べにきたいと思います。           ----------------------------------------------------------------------------------------------------   アポロ食堂  住所:〒976-0042...

相馬市 - 彼岸花1

【相馬市】寄り添い咲く彼岸花~相馬市本笑地区~...

      こんにちは。 今回は相馬市本笑地区にやってまいりました。   なんでも、彼岸花がたくさん咲いているというのだとか。 さっそく探しに来てみました。     相馬市本笑地区は、以前取材した小泉八坂神社がある場所のすぐ近く。 小泉八坂神社では、夏ごろに疫病退散を祈願する神事を斎行されています。   コチラの記事です。もしご興味ありましたら。↓ 相双ゆたどさ...

【浪江町】ソバ畑を見つけました。...

      浪江町の立野地区で、ソバ畑を見つけました。           見覚えのある花だなと思って調べてみたところ、ソバの花でした。 ※正確には花ではなく、ガク片なのだそうです。   驚いたのは畑の規模。 花をみつけたところの周辺一帯がソバ畑だったのです。   視界一面に広がっていて圧巻でした。           本当に真っ白。素敵です。         望遠レンズで遠くの方まで撮ってみましたが、ずっと奥の奥まで咲いています。 ちなみに、手前に写る緑色の辺りもソバでした。   いったいどれだけのソバが育てられているのか...       私はソバの花は白いもの、という認識があったのですが、調べているとそれ白以外にも様々な色合いを表現する存在であることを知りました。 特に印象的だったのは、ピンクや赤色の花を咲かせる「赤ソバ」という種類です。 その中でもよく聞くのは「高嶺(たかみね)ルビー」というもので、とてもきれいな赤色の花を咲かせるそうです。   この高嶺ルビーはヒマラヤ原産で、味は私たちが普段食べている普通のソバとかなり違うようです。 少し癖があり、コシが強く、茹でたらすぐに食べないとソバがくっつきやすいなどなど...これこれで気になります。   このように、白い花を咲かせるソバだけでなく、赤ソバなどの豊富な種類があるようです。 気になる方はぜひ調べてみてはいかがでしょうか!     そしてもうひとつ、調べていたら見つけました。ソバの花言葉! 皆さんはご存知でしたでしょうか? 花言葉「なつかしい思い出」「喜びと悲しみ」「あなたを救う」とのことです。   どの花言葉もキレイで素敵だなと思いました! ソバは11月の誕生花でもあるそうなので、誕生月の方にプレゼントでソバの花を添えてみるのも良いかもしれませんね。(アレルギーを持っているかは事前に確認しておく必要があります。)         浪江町の道中で見かけた時は、ぜひご覧になってみては。      
コスモスガーデン(浪江町)1

【浪江町】いろどり豊かな町の花、コスモスガーデン。...

      とても色鮮やかなコスモス。           福島県双葉郡浪江町の一角にある、コスモスガーデンにやってきました。    こちらは、2021年より浪江町と福島学院大学 情報ビジネス学科が町の新名所づくりを目的に取り組んでいる連携事業です。 学生の皆さんは、浪江町役場の職員などからアドバイスを受けながら、町内の団地に設けた畑を整備しているとのこと。 今回取材にやってきたこのコスモスガーデンは、件の畑に蒔いた町の花であるコスモスになります。           畑の状況などをチェックしながら育ててきたコスモス。 濃いピンク色や薄いピンク色、白色と、とても素敵でキレイな花々が咲いています。   今回、取材にあたりコスモスについて調べていたのですが、普段「コスモス」と私たちが呼んでいる花は、 正式には「オオハルシャギク」というそうです。 キク科コスモス属の一年草で、別名としてコスモス、アキザクラ(秋桜)と呼ぶのだとか。はじめて知りました。   魚眼レンズでも撮ってみました。               学生の皆さんが丹精込めて育てたコスモスたちを見ていると、勇気と元気がもらえる気がします。 浪江町の名所になっていくことを期待しています。   コスモスの見ごろは9~10月ころまでとのことです。 天気の良い日に、ぜひ皆さんもご覧になってはいかがでしょうか。           ~参考~ 福島学院大学HP...

ポケふた_相双地域

相双地域のポケモンマンホール『ポケふた』...

      ポケモンマンホール、愛称『ポケふた』をご存知でしょうか?   全国各地の観光施設などに設置されており、県全体の代表として選ばれた応援ポケモンとその土地のイメージに近しいポケモンが一緒にマンホールに描かれています。 地域の特色にあったデザインのものが多いことからファンだけでなく、ポケモンを知らない方でも楽しめる内容となっています。   そんなポケふたですが、ここ福島県にも設置されています。 その数計9つ。そのうちの6つは、なんと相双地域にあるのです!   ちなみに、福島県の応援ポケモンは"たまごポケモン"の「ラッキー」。 コンテンツ初期の頃からいるポケモンなので、もしかしたらポケモンをよく知らない方でもどこかで名前や姿を見たことがあるかもしれません。   ということで、今回は相双地域で見つけた『ポケふた』たちを紹介していきたいと思います。 写真と設置されている場所をヒントに、ぜひ皆さんも探してみてはいかがでしょうか?   〇オドシシ×ラッキー(新地町)   新地町のイメージは"おおツノポケモン"の「オドシシ」に。 おそらく観光スポット「鹿狼山」の「鹿」からとったのでしょうか。ラッキーと遊んでいる様子。 奥に見える黒い影はおそらく"のりものポケモン"の「ラプラス」だと思いますが、なぜいるのかは気になりますね。   場所:新地駅周辺  〒979-2702...

田んぼアート2021 in ならは_1

【楢葉町】田んぼアート in ならは 2021...

      楢葉町の田んぼアートを取材してきました。           「福島田んぼアートプロジェクトin楢葉町」さんが企画・開催されています。 昨年は、新型コロナウイルスが流行し、無病息災を祈願して「アマビエ」が描かれていました。   今回の田んぼアートは、前回とは場所を変えて開催しています。 もし前回の田んぼアートも見に行った方がいらっしゃいましたら、お間違えのないようご注意ください。     さて、そんなわけで今回のアートは「木戸川の鮭」。   東日本大震災の発災から不振続きだった楢葉町の秋の風物詩、「木戸川のサケ漁」。 その再興を祈願してデザインされたそうです。 「おかえり」という言葉には、「無事に楢葉に戻ってきてほしい」という気持ちが込められているとのこと。 サケは生まれた地に戻ってくる、というところと掛けたのでしょうか。とてもすてきだなと思いました。   敷地内に展望台が組まれており、そこから田んぼアートの全体を眺めることができます。           鮭の模様や表情、「おかえり...

広野ひまわり迷路2021_6

【広野町】ひまわり迷路2021...

      広野町のひまわり迷路! 今年も開催していたため取材してきました。   福島県広野町で活動する任意団体「ちゃのまプロジェクト」さんが企画しています。             素敵なヒマワリたちが咲いています! また、開花を経たヒマワリからは来年の種を取るための準備もしていました。           時期的に奥のヒマワリはもう終わり頃の方だったのですが、手前はまだまだ元気でした。   迷路の中には"休憩所"も設置されています。 ヒマワリに囲まれながら一休みってなんだか素敵ですね。           そういえば、ヒマワリの種取りってどのようにするのだろう?そんな疑問が出てきました。   調べてみると、数本のヒマワリであれば軍手や手袋をはめて指でこするとポロポロと取れるのだそうです。 種が残って取りにくい時は花を割ると取れやすいのだとか。   また、本数が多かったり、手で取るのが難しいという場合は、ビニールシートや新聞紙を敷いてバケツに焼肉で使うような網を乗せ、花を前後左右に擦ると楽に取ることができるとのこと。おろし金のようなやり方を想像しました。(合ってますでしょうか??)           この種取りの作業は、開花したあと30~40日くらいから花が下を向いてきて、花の裏が黄色くなり実が乾燥した頃が収穫時期の目安だそうです。 しっかり乾燥させてから先述した方法を参考に種を取り、さらにカビの発生を防ぐために最低3日間ほどは晴れた日に天日干しすることがとても大事だそうです。初めて知りました。   来年もたくさんのヒマワリたちが咲き誇るのだろうなと思うと今から楽しみでなりません。   ヒマワリたちから元気をもらいました。ヒマワリさん、ありがとう。           ------------------------------------------------------------------------------------------------------------   広野ひまわり迷路 住所:〒979-0403...

南相馬市小高区産ブドウ100%コヤギファームワイン

南相馬市小高区産ブドウ100%使用のワイン完成しました!...

2011(平成23)年3月11日に発生した東日本大震災と それに伴う東京電力福島第一原子力発電所事故の影響により 東京電力福島第一原子力発電所から20km圏内にある南相馬市小高区は 2011(平成23)年4月22日午前0時より 小高区内全域が警戒区域指定され、区域内への立ち入りが禁止となりました。 その後、2012(平成24)年4月16日、小高区内の大半の地域が 避難指示区域(避難指示解除準備区域・居住制限区域・帰還困難区域)として設定され 2016(平成28)年7月12日午前0時に、帰還困難地域を除く 避難指示解除準備区域・居住制限区域が解除されました。 震災後、いち早くブドウ栽培に取り組んだ川内村・富岡町で ブドウ栽培とワインづくりを作業を通して学んだ 震災発災まで、南相馬市小高区で酪農を営んでいた三本松さんは 生まれ育った小高の小屋木にも活気をつくり出したいと 圃場をブドウ栽培に替え、2019(平成31)年春ブドウの苗を初植樹し 株式会社コヤギファームを設立されました。 東北地方は2011年に発生した東日本大震災によっていまだ多くの課題を抱えています。 私たちは福島県南相馬市でブドウの栽培とワイン製造を主な事業としながら 地域に貢献できる新しい産業とプラットフォームを作りたいと考えています。 地域の産業の醸成により雇用の促進を図るとともに 地域資源の活用、良質な作物の育成のための農地運用検証など 私たちに出来ることに精一杯取り組み 人々が集まり笑顔になれる場所を作っていきたいと思います。 2019年に植えたブドウの苗木は2023年頃に最初のワインとして試験醸造を開始する予定です。 私たちの活動を見守っていただけると幸いです。 (KOYAGI...

iwasawa看板

【楢葉町】隠れた史跡名所「岩沢磨崖仏」...

      楢葉町にある隠れた史跡名所「岩沢磨崖仏」を取材してきました。           どこにあるかご存知でしょうか?     実は...相双地域でサッカーが有名な場所「Jヴィレッジ」のすぐ近くに!     しっかりと楢葉町役場が建てた看板もあるのですが、なんとその場所が...     Jヴィレッジの看板の影にあります。(びっくり)     看板が小さいうえに歩道よりも内側に設置されていたため、 ここに史跡があることを知っている人でない限り、大半の方は見落とすと思います。   私も気づくまでにしばらくキョロキョロしておりました。 もう少し見つけやすい歩道側に設置しても良いような気がします...           さて、その看板から右に視線を移すと、鍵のついた柵があります。 この柵を通った先にある階段を降りていきましょう。(鍵は開いていました。)           階段を降りると、目の前に目的地が見えました。   磨崖仏とは、その名の通り崖に彫られた仏様になります。 崖の真ん中に、みえますでしょうか。   小さな穴の中にちらっと見えます。 こちらが、岩沢磨崖仏とされる観音様です。   複数あるのかと周囲を確認してみましたが、どうやらこの一体のみのようです。           嘉永4年(1851年)に建てられた灯篭には「正(聖)観世音菩薩」と書かれているようですが、 案内板によると「十一面観世音菩薩」とも言われているそうです。           岩沢の観音様は、とある言い伝えによって「乳岩」という岩と深い関係を持っており、昔から安産子育ての観音様として信仰されているそうです。 また、この観音様は江戸時代にできたという話があるそうですが、その一方で弘法大師(空海)が崖に飛びつき一夜で彫り上げたという伝説もあるそうです。空海は平安初期のそうだったと記憶しています。伝説や言い伝えというものは捉える人によって見方が変わるものですが、どちらの言い伝え・伝説も素敵だなと思ってみていました。     以上、岩沢磨崖仏のご紹介でした。     相双地域には他にも南相馬市小高区に大悲山の磨崖仏があります。   日本三大磨崖仏ともされる史跡ですので、ぜひそちらもご覧ください。     相双ゆたどさ...

双葉駅七夕飾り3

【双葉町】(7月15日まで)いわき・まごころ双葉会~双葉駅七夕飾り2021~...

      「いわき・まごころ双葉会」では、今年も福島県双葉郡双葉町の双葉駅にて、手作りの七夕飾りを駅構内に吊るされているとのことでさっそく見てまいりました。           昨年同様の迫力ある飾りが6つ。   とても大きくて立派です。             飾りは駅内に吊るされているためじっくり眺めることができます。           和柄のようなもので作られた足の部分がとても素敵です。   時折吹く風に静かになびく姿が印象的でした。 皆さんはどの模様の七夕飾りがお好きですか?           今回の飾りには東日本大震災前の「双葉海水浴場」が映った写真や「双葉ダルマ」のイラストが見られました。                七夕当日は天の川が見れたらなと思っています。    短冊も作ったので飾りたいところです。    〇健康寿命とは?   WHO(世界保健機関)によって提唱された新しい健康指標で、   「日常生活に制限ない期間の平均」です。   日常生活動作(ADL)が自立し、健康で過ごせる期間のことを指します。    〇どうやって伸ばす?   一般的に「カロリーコントロールに気を配る」「運動をする」   「前向きな考え方を持つ」といった手段があります。     運動だったら、たとえば軽めなウォーキングを継続して行うだけでも   効果があるとされています。やはり動かないといけないということです。     ということで、がんばります。       双葉駅構内の七夕飾りは、2021年7月15日まで飾られる予定です。   ぜひご覧ください。           昨年の記事はコチラ↓ 相双ゆたどさ-『【双葉町】7月14日まで!いわき・まごころ双葉会~双葉駅七夕飾り~』 URL:https://yumesoso.jp/yutadosa/archives/20647.html   駅周辺では、双葉アートディストリクトもご覧になれます。 ぜひ一緒にご覧ください。 相双ゆたどさ...

見晴らし台 - 双葉町・浪江町2

【双葉町・浪江町】福島県復興祈念公園 見晴らし台...

      福島県復興祈念公園(見晴らし台)にやってきました。           場所は双葉町と浪江町のちょうど間くらいに立ち、東日本大震災・原子力災害伝承館から数kmのところに立つこの見晴らし台ですが、現在この周辺一帯を復興祈念公園として整備する工事があちこちで行われています。   実際に昇ってみることにしました。足元に注意しながら昇ります。           高いですね...11mもあるようです。   「東日本大震災・原子力災害伝承館」が遠くに確認できます。             11mの高さに驚いていたのも束の間、その上には実際に双葉・浪江をおそった津波浸水深が記されていました。 なんと16.5m。自身の身長の10倍近い高さです。 圧倒的な高さに改めて津波の恐ろしさを感じました。               現在施工中の祈念公園全体完成予想図が設置されています。 見晴らし台の周辺がすべて公園となる模様。           東日本大震災・原子力災害伝承館とは別の方角に、浪江町で津波の被害を受けた「浪江町立請戸小学校」が見えます。 この学校は現在、震災遺構施設として開館するための準備をしています。 この見晴らし台から見える距離にあると思いませんでした。           また別の方角には、津波の被害を受けた双葉町の海の家「マリーンハウスふたば」が見えます。三角形の形がトレードマークでした。             浪江町の請戸港も見渡せます。            以上、現在公園自体は施工中のため、先行して見晴らし台を見に行ってきました。 公園のできるところには、たくさんの住居などがあったことは、今の情景からは想像するのが難しいです。    開放時間は平日の9時~16時までとなっています。お越しの際はご注意ください。 また、ご覧の通りの建物構造なので、一度に昇れるのは最大10名までとなっています。           遺ったもの、新しくできたもの、それぞれの存在意味をどのようにとらえ、どのように扱うかが大切なことだと思います。   津波の脅威を後世に語り継いでいくうえで、これらが重要なものとなっていくことを願っています。     この祈念公園の完成を見守っていこうと思いました。     ------------------------------------------------------------------------------------------------------   福島県復興祈念公園(見晴らし台)  住所:〒979-1524...

平伏沼 - 川内村15

【川内村】モリアオガエルの鳴き声響く - 平伏沼...

      今回は、福島県双葉郡川内村の平伏沼(へぶすぬま)にやってきました。   目的は、モリアオガエルの卵塊を写真に収めることです。(あわよくばカエルの写真も。)   平伏沼は、県内有数のモリアオガエル群生地とされており、毎年観測のために各地から人々がやってきます。 最近では、この沼から発見され新種認定を受けた「ヒラサワツブゲンゴロウ」の標本が村に贈られた、というニュースがありました。(2021年6月) 自然豊かな川内村のおすすめスポットの一つです。           モリアオガエルの産卵時期についてですが、一般的に5月下旬~6月初旬が最盛期、その後6月いっぱいまで繁殖池の周辺で声を聴いたり、カワイイ姿を見ることができるといわれています。 地域によってこの期間は変わるのですが、ここ平伏沼は6月~7月が産卵時期となっているようです。   通常、皆さんが日常的にみるカエルは、田んぼ脇などの泥や水中に卵を産むものが多いかと思います。 対してモリアオガエルは、木の枝や葉に自ら作った泡の中に卵を産みます。 卵からかえったオタマジャクシはというと、葉などにぶら下がった卵塊から水中へと落下していき、やがてカエル人生を歩み始めます。   こうした生態は、日本では珍しいとされメディアなどに取り上げられています。 しかし世界で見ると逆の認識で、普段日本で私たちがよくみるカエルのような、田んぼ脇の泥の中に卵を産む生態の方が珍しい、と昔どこかで聞いた気がします。実際どうなのでしょうか。           さて、『平伏沼』と書かれた看板が見えてから目的地まで数kmにあります。 道中にはカエルの石像が置かれていました。カエルを土着神と考える地域もあるのですが、ここはどうなのでしょうか。 カエルと関係の深い諏訪大社のお話や上川内と下川内にそれぞれ鎮座する諏訪神社のこともお話したいところですが、それはまた別の機会に。               沼は小高い山を上っていったところにあるため、自動車で向かうのがオススメです。 ただ、基本的に車一台分の幅しかないので、対向車とすれ違うことはほぼ無理です。 ところどころに設けられている待避所を利用してください。 生い茂る木々で見通しも良くないため、上る方も下る方もお互い注意しながら走行ください。(取材へ行った日は、3台の対向車に出会いました。)   対向車に気をつけながらしばらく上っていくと、次第に周囲からモリアオガエルの鳴き声が聞こえてきました。   皆さんも田んぼなどでカエルの鳴き声を聞いたことがあるかと思います。が、ここはその比ではありませんでした。 どこもかしこもカエルの鳴き声。たまにウグイスの声がカットインしますが、一瞬でかき消されます。 本当にカエル。カエルワールドです。   そうこうしているうちに駐車場に到着しました。 天然記念物であるモリアオガエルについての説明や各種注意書きなどが記されています。             沼に行くため、長靴に履き替えて向かいます。(周辺で木の棒を調達するか、杖を用意しておくと移動が楽です。)             しばらく歩くと、待望の平伏沼が見えてきました! 予想よりも広くて驚きです!   駐車場で聞いたときよりもさらに多くのカエルが鳴いています。 高音でありながら、重厚な声で鳴くところが素敵です。録音して携帯電話のアラーム音にさせていただきました。   手前には生態維持のお願いが書かれた看板が立っています。 天然記念物のモリアオガエルですが、周辺の環境が大きく変わりすぎれば繁殖にも影響が出る可能性があります。 ごみを捨てない、などは当然のことですが、卵塊やカエルを持って帰ることはしないようにしましょう。             目的の卵塊は、見渡すとすぐ見つかるほどあちこちにぶら下がっていました!   以前別の場所でも卵塊を見たことはあったのですが、さすが群生地、圧倒的な数。 残念ながらモリアオガエルの姿は確認することができませんでしたが、目的は達成です。           カエルの鳴き声がたくさん聞こえるのになかなか見つからないのは、日中は葉や木の枝の裏、暗いところで身体を休め、夜の産卵に備えているためです。 薄暗くなると、カエルたちの動きが活発になり、木々を飛び移る姿が見られるそうです。 なお、平伏沼の敷地内に外灯は見受けられなかったので、夜に見に行くのはリスクが高いと思います。 根気と運が必要ですが、明るい時間に双眼鏡で探すのが無難かと思います。           川内村には有名な詩人「草野心平」さんが住んでいたことでも有名ですね。 彼が平伏沼について書いた詩が沼の敷地内に石碑として残っています。 村内には、草野心平さん縁の地である天山文庫もあります。 モリアオガエルの観察と一緒に草野心平さんが過ごしたこの川内村に思いを馳せてみては。           今回はいつも以上に書き込んでしまいましたが、カエルの素晴らしさを堪能し、たくさんの卵塊を間近で見ることができてよかったです。   タイミングが合えば卵塊からオタマジャクシが水中に落下する瞬間を見ることができたり、モリアオガエルご本人にお会いすることができたりするかもしれません。 いつか私もモリアオガエルの姿を見れたらなと思います。     平伏沼のモリアオガエル産卵期は6月~7月予定です。 気になった方はぜひ足を運んでみては。           ------------------------------------------------------------------------------------------------------------   平伏沼  住所:〒979-1201...

らーめん 三七三 - 川内村5

【川内村】らーめん 三七三...

      川内村にある「らーめん 三七三」に行ってきました。   昭和63年の創業、30年以上前から地元に愛されるラーメン屋さんを営んでいます。 店名の「三七三(みなみ)」は、お店のある住所の番地からとったそうです。   6年前にも一度取り上げさせていただいていましたが、今回はその当時いなかったスタッフによるレポートです。 ぜひ、こちらの記事もあわせてご覧ください。↓ 相双ゆたどさ...

双葉アート_双葉駅アイキャッチ

【双葉町】双葉アートディストリクト~双葉駅~...

      双葉駅にやってまいりました。 今回ご紹介するのは、アートを起爆剤に被災地の復興を目指そうという想いのもと、 双葉町出身で飲食店経営者の髙崎さんと、アート事業を展開する「株式会社OVER ALLs」が手がけるプロジェクト『FUTABA...

相双の蛍 - 南相馬市

【南相馬市小高区】ホタル観測情報...

      福島県南相馬市小高区川房地区で、ホタルの観測情報をいただきました。(地図はコチラ)     ゲンジボタルとヘイケボタルあわせて約100匹ほどのホタルが飛んでいたとのことです。 (2021年6月13日 時点)           世界に約2,000種、日本には約40~50種が生息しているといわれているホタル。   その中でも「ゲンジボタル」と「ヘイケボタル」は国内の代表的な種類とされています。     ゲンジボタルは、体長が15mm~20mm前後と、日本のホタルの中では大型の種になるそうです。 また、前胸部の背中側は赤く、十文字の黒い模様が入っているのが特徴。   ヘイケボタルは、体長が8mm~10mm前後と、日本のホタルの中では小型の種になるそうです。 ゲンジボタルと比べると一目瞭然かと思います。 前胸部の背中側は赤く、縦一本の黒い模様が入っているのが特徴とのこと。     こんな話をきいたことがあります。   「東日本と西日本でホタルの光る頻度が違う。」   東日本のホタルは4秒に1回、西日本のホタルは2秒に1回光るらしいという噂です。 本当のところどうなのか、気になります。   また、光らないホタルもいるそうです。 日本にいる約50種のホタルのうち、光るのは14種類ほど。 光らないホタルの方が多いことに驚きました。     そんなホタルですが、やはり実際に見ていただくのが一番。 いただいた情報によると、20時~21時の間によくみえたそうです。観測の参考にしてみてください。     一般にきくホタル観測の際の注意点もお伝えしておきます。 ※蛍はとても繊細な生き物なので、手で触れないよう注意しましょう。 ※暗がりではケガのリスクが高まります。とくに水辺には不用意に近づかないようにしましょう。 ※観測の際は、懐中電灯の光や自動車のハザードランプ、スマートフォン等のライトなど、光を放つものはホタルにとって天敵になるため、使用タイミングに注意してください。(光ることができなくなったり、生殖活動に悪影響が出る可能性があります。)   マナーを守ってお楽しみいただくようお願いいたします。          
福島はじめさん新曲PV撮影

南相馬市出身演歌歌手、福島はじめさん新曲プロモーションビデオ撮影...

南相馬市出身の演歌歌手、福島はじめさんが 地元、南相馬・相馬で、新曲のプロモーションビデオを撮影されるとうかがい ご一緒させていただきました。 新曲は、ふるさと"相馬"を想い「酒」で綴る演歌。 ふるさとの風景でPVを撮りたいとの 福島はじめさん、たってのご希望があったそうです。 【南相馬市小高区:村上海岸】 【南相馬市小高区:JR常磐線小高駅】 【南相馬市原町区:雲雀ヶ原祭場地】 【南相馬市鹿島区:烏崎海岸】 【相馬市:松川浦漁港】 最後の撮影は、「酒」を唄う新曲にちなみ ふるさとへ帰った福島はじめさんを地元の人達が居酒屋で迎え その新曲、[相馬...

菖蒲とポピー(関沢あやめ)_飯舘村

【飯舘村】菖蒲とポピーの花が楽しめるスポット...

      ここは飯舘村の関沢。           飯舘村のとある場所に『菖蒲』や『ポピー』の花が綺麗に咲いている場所がある...との情報が得て、早速その場所まで行ってみました。   目的地は少し奥まった場所に。 はじめて行く土地だったため、探すのにちょっと時間がかかりました。   敷地には、このような看板が設置されています。 「関沢(紫)あやめ」これがスポットの名称なのでしょうか?           今回取材にきたスポットは、最近整備が始まったばかりと聞いていたのですが、すでに何本かの菖蒲やポピーが咲いていてとても綺麗でした!             敷地内にはベンチも設置されている様子。   座ってくつろぎながら花々を楽しむことができますね。   また、すぐ近くに川があるのか水が流れる音が聞こえてきて、とても和やかな雰囲気でした。   敷地を見渡した感じですと、今現在もお花を色んなところに植えている最中、といった感じですね。           菖蒲は5~7月が見頃のようですので、まさに今の時期でしょう。 ポピーもだいたい同じ時期ということですので、ぜひご覧になっていただけたらと思います。   同じ時期にそれぞれの花を楽しむことができるのは良いなと思いました。   記事を書いているスタッフは、学生時代に所属していた部活動が『生物部』でした。 しかも、アヤメ科の植物を研究対象にしていたのです。 では「アヤメ」と「ショウブ」、種類が違うのに漢字にするとどちらも「菖蒲」となるのはなぜか...? 大きな違いは「アヤメ」はアヤメ科で、「ショウブ」がサトイモ科となっています。 見た目も少し違うのですが...ちょっと忘れてしまいました。(苦笑)   どこがどう違うのか、そういうのもじっくり眺めているとお花って面白いなと思いますね。     この新たなスポットが完成し、あたり一面に菖蒲やポピーが咲き誇る頃までには、そういった知識を再勉強しておかないといけないかなと思っています。   飯舘村の新たな花の名所として、完成が待ち遠しいです。           -------------------------------------------------------------------------------------------------------- 菖蒲とポピーが楽しめる場所 〒960-1804...

川房ローズガーデン - 南相馬市小高区

【南相馬市小高区】川房ローズガーデン...

      南相馬市小高区、たくさんのバラが咲き誇るバラ園「川房ローズガーデン」にきました。         東日本大震災の発災後、避難先のさいたま市で生活している横田さん夫妻が、南相馬市小高区の自宅脇の農場に開設したバラ園です。   横田さん夫妻は、もともと梨や野菜などを栽培して販売する専業農家だったそうです。 しかし、東日本大震災の発災によりやむなく避難。   避難指示解除後、農場に隣接する花の生産や販売などを手掛けている「大森プランツ株式会社」の協力でバラの苗木を譲ってもらい、栽培に初挑戦。 避難先のさいたま市から車で通い、約3年前からバラの栽培に力を注ぎつつ、シーズンになるとバラ園として解放しているとのことです。         バラ園の設計は横田さん夫妻にバラの苗木を譲った大森プランツ株式会社の佐々木社長が担当されたそう。   約50アールの敷地に咲き誇る約120種類2,000株もの色とりどりのバラがとても素晴らしいです。   また、バラのトンネルが12カ所あり、総延長約60メートルにもおよぶバラのアーチは必見です。               この素敵なバラの苗木などは、バラ園に隣接する大森プランツ株式会社の苗木販売所で購入できます。           「若い人が小高に興味を持つきっかけになって、交流人口拡大につながるバラ園になればうれしい」   そんな思いのつまった地域住民の憩いの場「川房ローズガーデン」。   入園無料でご覧になれます。     ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。         -------------------------------------------------------------------------------------------------   川房ローズガーデン  住所:〒979-2164...

全部のせ『千代田軒』

【南相馬市原町区】千代田軒...

      本日のご紹介するお店は 南相馬市原町区、松屋菓子舗さん隣の『千代田軒』さん。       最近オープンしたばかりのお店で、おいしい中華そばを提供されています。     店内はカウンター席のみ。きれいなレイアウトです。 厨房の近くの席に座ると、作っているところを目の前で見れます。         ラーメンメニューは『中華そば』(¥700)のみ。 ※大盛り(プラス...

相農ショップ2021[5月]

【南相馬市】2021年 第1回『相農ショップ』開催!...

      毎年大人気の福島県立相馬農業高等学校による『相農ショップ』。   令和3年度の第1回 相農ショップが2021年5月7日(金)に開催されました。   毎年恒例となった相農ショップ、今回も取材させていただきました!         昨年は、新型コロナウイルス感染症流行の影響で、第1回目となる5月開催が中止となってしまいましたが、 検温機器などの導入など、感染症対策を十分に行ったうえで無事開催されることになりました。              新型コロナウイルス感染症予防対策として、  検温と消毒ができる機械が導入されました。        相農ショップへ入店する際には、  しっかり検温チェックと消毒をしてからの入店となります。  (しばらくはこの対応が続くと思われます。)       いよいよ開店です! 今回販売を担当するのは3年生の皆さん。   普段の相農ショップに並ぶパンやジャムなどの商品にくわえ、5月は母の日もあったからか、カーネーションなどのお花が。 また、野菜の苗なども販売されていました。   相農の生徒さんたちが育てたお花や苗なども結構人気が高く、皆さんどの花にしようかと吟味しながら購入されていました。             来店したお客さんたちと生徒さんが楽しく会話をしている場面もたくさん見られました。 生徒さんとのコミュニケーションを楽しみに来る方も多く、地域から本当に愛されているなと改めて感じた次第です。               また、今回のオススメ品や次回販売を予定している商品について記載されたボードがありました。 これはとてもありがたいです。           今回もたくさん購入させていただきました! とってもおいしそうです!         大盛況となった第1回...

出羽神社 - 楢葉町

【楢葉町】出羽神社...

      双葉郡楢葉町に鎮座する出羽神社に来ました。 国道6号線沿い「道の駅ならは」から徒歩5分ほどの所にあります。         出羽神社の本社は、山形県の羽黒山山頂に鎮座する出羽三山神社とされており、 楢葉の出羽神社では農耕産業守護の神様として伝わる「宇迦之御霊神(うかのみたまのかみ)」様を主祭神に祀っているそうです。          出羽三山神社といえば、俳諧師の松尾芭蕉が訪れた地としても有名ですね。 東北のパワースポットの一つでもあるので、機会があったらぜひ参拝に行ってみてはいかがでしょうか。       では、境内を見ていきます。 鳥居がとても素敵です。鳥居のシルエットを眺めるだけでも心が洗われる感じがします。(しめ縄も良いですね)   鳥居を支える真ん中の柱がなかったのは気になるポイント。 もともと存在していたような痕跡はあるので、何らかの理由で破損してしまったと考えています。         ちょうど取材したときには、拝殿向かって右側に社務所と思われる建物がありました。 以前にも参拝に訪れたことはありましたが、その時この建物はなかったように思います。 新規で建てたものなのか、以前からあったのかは定かではありません。         拝殿には神紋の「三つ巴」の紋様がみえます。この紋様はとくに八幡神に関連する神社でよく見かけますね。 「三つ巴」は見た目の通り、神霊が宿る勾玉や水流を象った渦巻が由来とされており、魔除けや火災除けの効果を期待して配している、という云われがあるそうです。奥深いですね。         もうひとつ、個人的に面白いと思ったのは、この神社のある住所に『羽黒山』と入っていることです。 理由はおそらく、出羽神社のある地が『羽黒山』であるからだと思われます。 しかし、なんだか偶然ここに建立したようには思えない...   もしかしたら分社として建立している出羽神社にはすべて『羽黒山』を入れているんじゃ...?(そんなチェーン店みたいな) 気になったので調べてみましたが、『羽黒山』が住所に入っているのは、私の知る限り楢葉町の出羽神社だけでした。 深読みしすぎただけだったのかもしれません。   (画像の地図は...

清水寺 - 浪江町

【浪江町】清水寺の藤棚...

      浪江町にある真言宗豊山派の寺院「清水寺」に来ました。   坂上田村麻呂が東征の際に創建されたと伝わる寺院です。 立派な門の屋根内側を見てみると、相馬中村藩の家紋である九曜紋がありました。         さらに進んでいくと水神様の碑。         本堂もキレイで立派です。 屋根にも九曜紋があったり、龍の装飾が見られます。           鐘つき場も荘厳です。 見ていると、つきたくなります。         敷地内にはステキな香りと色合いがキレイな藤棚が咲きます。             薄紫色の花が風に揺られ、幻想的な空間を演出しています。 藤の花は山林に咲く野生のものも良いですが、藤棚を使って出来る滝のように下に垂れさがる紫の花々を楽しむのもまた風情があって良いなと思いました。   落ち着く雰囲気漂う素敵な寺院でした。         ---------------------------------------------------------------------------------------------------------   清水寺(真言宗豊山派)  住所:〒979-1543...

飯舘村_チューリップ農園

【飯舘村】飯舘村フラワーガーデン チューリップ花農園...

      飯舘村にあるチューリップ農園をご存知でしょうか。     今回は2021年4月20日(火)に飯舘村 佐須地区にできた「飯舘村フラワーガーデン チューリップ花農園」に行ってまいりました。 この農園は飯舘村の新たな観光地開発を目指す『飯舘村農地再生フラワーガーデンプロジェクト』の一環になります。   プロジェクトに参画する福島市の「ふくしま未来研究会」と「建設会社ホクショー」、飯舘村の「地域創造研究所」が共同で管理・運営を行っているそうです。       それにしても、本当にたくさんのチューリップです!! 牧草地だった約4ヘクタールにもなる土地に、赤や黄、ピンク、白、黒など、25万本・40種類を超えるチューリップが植えられているとのこと。           色とりどりのチューリップに感動します。               入園は無料。 開園期間は2021年5月9日(日)10:00~16:00まで。 ※開花状況によって開園期間は変わるそうです。           --------------------------------------------------------------------------------- ◇お問合せ先◇ ホクショー飯舘事務所  電話:0244-26-6244   ◇住所◇ 〒960-1815...

(令和3年)第23回 新地城跡チューリップ祭り

【新地町】第23回 新地城跡チューリップ祭り...

      春。 この時期に見頃を迎えるチューリップが新地町で楽しめます! その名も『第23回 新地城跡チューリップ祭り』! 今年も開催中とのことで、取材に行ってまいりました。   天気が良く、絶好のお花観察日和です。 湿度や気温によって花の開き具合や香りの強さが変わる花々、良いときに来れました。   チューリップ祭りで見ることのできるチューリップは、なんと約30種もあるそうです。 色鮮やかなチューリップが新地城跡をカラフルに彩ります。   また、イベント期間中はスタッフが会場に待機しており、様々な種類のチューリップを購入することもできます。 自宅に植えてみたいとお考えの方は、ぜひスタッフさんにお声がけしてみてください。         チューリップ祭りを知らせる旗と新地城跡の説明板。           新地城の歴史には詳しくなかったので、チューリップ祭りをきっかけに由緒を知ることができました。 思わぬ収穫です。               写真でもわかるくらいたくさんのチューリップ! これもチューリップなの?と思うような形状のものもあって、おもしろいなぁと思いながら眺めていました。   ここまでたくさん咲いているチューリップは生まれてはじめて見ました。 普段PCに向かっている時間が多い身としては、目の保養になります。           奥には麦がたくさん植えてあるエリアがありました。 ここも例年であれば、チューリップで埋め尽くされるそうです。           今年は気候変動の影響などもあり麦を植えたそう。 これはこれでとても好きです。       チューリップ祭りは2021年4月10日(土)~2021年4月29日(木)9:00~16:00まで。 ぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。     〇場所 新地城跡  住所:〒979-2702...

おすすめ相双情報

facebookページもチェック!

twitter