メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
   

相双ビューロー

福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
福島県・相双地方の
地域情報ポータルサイト
相双ビューロー

カレンダー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

タグクラウド

相双神旗ディネード

相双地域復興支援

【南相馬市】南相馬市産食用米PR事業「新米出発式」「新米発表会」


 
 
 

南相馬市産の米を食べよう!!

 
 
福島県オリジナル品種のお米「天のつぶ」。
 
2020年10月19日(月)、今年度産 南相馬市の土地で生産された「天のつぶ」の
『新米出発式』がJAふくしま未来そうま地区本部(南相馬市鹿島区)にて開催されました。
 
 
新米出発式・新米発表会1
 
 
 
「天のつぶ」の特徴は、大きく3つ
 
雑味が少なくしっかりした食感。
→お米本来の味の深みが強く、カレーライスや丼ものなどのお料理に向いているそうです。
 
冷めてもおいしい。
→炊飯直後から6時間経過後の味わいの変化が少なく、おにぎりやお弁当などにも向いているそう。

炊き増え(炊飯重量)が良くボリューム満点。
→炊きあがりがふっくらとしており、ほかの品種と比べても非常にボリューム感があります。
炊き込みご飯などに向いているそうです。

新米出発式・新米発表会パンフレット1
 
新米出発式・新米発表会パンフレット2
【新米出発式・発表会時配布のパンフレットより】
 
 
 
そんな「天のつぶ」ですが、実は南相馬市が最も多く栽培しているのです!
 
東日本大震災発生から9年が経つ2020年。
農家や市民の方々からの協力を受けつつ作付けなどを進めていき、
生産に使えるよう整備した水田は2020年現在で、約3,000ヘクタール(うち食用分の面積は約1,000ヘクタール)
となっており、約5,000ヘクタールほどあった震災前の広さに少しづつ近づいているそうです。
 
この調子で回復していってほしいなと思います。
 
 
さて、出発式が始まります。
 
最初の挨拶として南相馬市市長の門馬和夫氏よりお話がありました。
 
市長は、この数年で震災復興へと歩みを進めている南相馬市の現状を鑑みつつ、
農耕地の復旧について、ここまで来れたのは方々からのサポートがあったおかげと感謝を述べられていました。
また、新パッケージとともに南相馬市産の「天のつぶ」の販売を通して復興に寄与していきたいと話されていました。
 
 
新米出発式・新米発表会2
 
新米出発式・新米発表会3
 
新米出発式・新米発表会4新米出発式・新米発表会5
 
 
  
そのほか、農業・販売関連の来賓の方々。
JAふくしま未来の理事専務などが祝辞を述べられていました。
 
全員の来賓祝辞と紹介が終わったあと、門馬市長ふくむ来賓数名でテープカットを実施。
カットと同時に、会場のすぐ近くに「天のつぶ」を載せて待機していたトラックが精米所へと出発!!!
 
 
新米出発式・新米発表会6
 
新米出発式・新米発表会7
 
新米出発式・新米発表会8
 
 
 
拍手のなか会場をあとにしたトラック。お気をつけて。
 
 
新米出発式・新米発表会9新米出発式・新米発表会10
 
新米出発式・新米発表会11新米出発式・新米発表会12
 
 
 
トラックを見送り『新米発表会』が閉会しました。
 
つづけて、かしま交流センターにて『新米発表会』が開催されました。
南相馬市市長の市長会見ということで「令和2年度南相馬市産 天のつぶ」についてご紹介。
 
話のなかでは、天のつぶの名前の由来のお話が。
天の恵みを受けて一本一本の稲が伸びていく姿」を表しているそうです。
とても深い思いが込められているのですね。
 
次に新パッケージデザインのご紹介。
オレンジ色のカラーと馬が疾走するデザインとなっています。
 
このデザインは、事前に用意した2つの案を市民1,600名を対象に行われたアンケートの結果から選出したデザインとのことです。
市の伝統行事、相馬野馬追。その馬をモチーフにしたデザインと、明るい未来に向かって駆け抜けていってほしい
という思いが込められているそうです。
 
「みんなにウマい南相馬米」というキャッチフレーズも素敵です。
 
 
新米出発式・新米発表会13
 
新米出発式・新米発表会14
 
 
 
会見後は、おむすびのケータリング事業等を行っている
「笑むすび∞」代表の山田みきさん(喜多方市の米農家出身)による
「天のつぶ」を使用して握られたおむすびの試食会です。
 
 
新米出発式・新米発表会15
 
新米出発式・新米発表会16新米出発式・新米発表会17
 
 
 
まずは、門馬市長が新パッケージのお米の袋を持ったり、おむすびを食べるところを撮影します。
 
なんとここで山田さんから市長へお願いが。
 
山田さんが頭に着けているものと同じ
『おむすびカチューシャ?(猫耳のような…耳がおむすびになっている)』
を門馬市長も身に着けてはもらえないか、というものでした…!
 
即座に快諾して笑顔で身に着ける門馬市長、ノリが良いです。
ギャップといいますか、これには会場からも笑い声が沸き上がりました。
 
 
新米出発式・新米発表会18新米出発式・新米発表会19
 
新米出発式・新米発表会20
 
新米出発式・新米発表会21
 
 
撮影も一段落して、試食のお時間。
私はあえて冷めたものをチョイス。
理由は天のつぶの特徴で紹介した特徴の一つ『冷めてもおいしい』というのがどういう感じなのかと思いまして。
 
 
食べた感想としては…『冷めてもおいしい』本当でした。
冷めてしまうとカチカチになってしまうのでは?と思っていましたが杞憂でした。
モチモチとしたお米の食感を残しながらも、しっかり味の深みが残っているところは驚きでした。
これなら出来上がりから実食までに時間差があるお弁当などでもおいしさの低下をある程度防げると思います。
ありがたい。
 
 
新米出発式・新米発表会22
 
新米出発式・新米発表会23
 
新米出発式・新米発表会24
 
 
 
報道陣なども皆さん楽しく試食しながら閉幕となりました。
 
 
たくさんの思いが込められた南相馬市産の新米「天のつぶ」。
 
2020年10月24日(土)より市内のスーパーなどで販売開始とのことです!!
 
まだ食べたことのない方は是非お手に取っていただいて、
既に食されている方は新たなパッケージのデザインも一緒に楽しんでみてください!
 
 
新米出発式・新米発表会25
 
 
 



facebookコメント

facebookページもチェック!

twitter

こちらの記事もチェック!

ガンバレ・ニッポン
2010/06/22
梅雨のジメジメを吹き飛ばす 熱い試合を展開している 2010FIFAワールドカップ日本代表 SAMURAI BLUE 2...
Jヴィレッジ、再始動
2018/08/08
7月28日(土) 『Jヴィレッジ』が震災以来7年ぶりに再開されました。 福島第1原発の事故対応のため 作業員の方たちの宿...
JAふくしま未来 第2回 JAまつり&ふくしま防災フェア2017が同時開催されました
2017/11/01
10月28、29日の両日、JAふくしま未来 第2回 JAまつり&『ふくしま防災フェア2017』が 南相馬ジャスモールを会...
平成27年『小高区復興文化祭』が行われました。
2015/10/27
震災後は、平成25年に"復興文化祭"として3年ぶりに復活した 『小高区復興文化祭』が10月17日(土)18日(日)の両日...
『第19回 JAまつり』、『ふるさとの祭り2015』同時開催されました
2015/11/20
10月31日(土)、11月1日(日)の両日南相馬ジャスモールを会場に 『第19回 JAまつり』、『ふるさとの祭り2015...