メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
   

相双ビューロー

福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
福島県・相双地方の
地域情報ポータルサイト
相双ビューロー

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

相双神旗ディネード

相双地域復興支援

【川内村】モリアオガエルの鳴き声響く – 平伏沼


 
 
 
今回は、福島県双葉郡川内村の平伏沼(へぶすぬま)にやってきました。
 
目的は、モリアオガエルの卵塊を写真に収めることです。(あわよくばカエルの写真も。)
 
平伏沼は、県内有数のモリアオガエル群生地とされており、毎年観測のために各地から人々がやってきます。
最近では、この沼から発見され新種認定を受けた「ヒラサワツブゲンゴロウ」の標本が村に贈られた、というニュースがありました。(2021年6月)
自然豊かな川内村のおすすめスポットの一つです。
 
 
平伏沼 - 川内村1
 
 
 
モリアオガエルの産卵時期についてですが、一般的に5月下旬~6月初旬が最盛期、その後6月いっぱいまで繁殖池の周辺で声を聴いたり、カワイイ姿を見ることができるといわれています。
地域によってこの期間は変わるのですが、ここ平伏沼は6月~7月が産卵時期となっているようです。
 
通常、皆さんが日常的にみるカエルは、田んぼ脇などの泥や水中に卵を産むものが多いかと思います。
対してモリアオガエルは、木の枝や葉に自ら作った泡の中に卵を産みます。
卵からかえったオタマジャクシはというと、葉などにぶら下がった卵塊から水中へと落下していき、やがてカエル人生を歩み始めます。
 
こうした生態は、日本では珍しいとされメディアなどに取り上げられています。
しかし世界で見ると逆の認識で、普段日本で私たちがよくみるカエルのような、田んぼ脇の泥の中に卵を産む生態の方が珍しい、と昔どこかで聞いた気がします。実際どうなのでしょうか。
 
 
平伏沼 - 川内村2
 
 
 
さて、『平伏沼』と書かれた看板が見えてから目的地まで数kmにあります。
道中にはカエルの石像が置かれていました。カエルを土着神と考える地域もあるのですが、ここはどうなのでしょうか。
カエルと関係の深い諏訪大社のお話や上川内と下川内にそれぞれ鎮座する諏訪神社のこともお話したいところですが、それはまた別の機会に。
 
 
平伏沼 - 川内村3
 
平伏沼 - 川内村4
 
平伏沼 - 川内村5
 
 
 
沼は小高い山を上っていったところにあるため、自動車で向かうのがオススメです。
ただ、基本的に車一台分の幅しかないので、対向車とすれ違うことはほぼ無理です。
ところどころに設けられている待避所を利用してください。
生い茂る木々で見通しも良くないため、上る方も下る方もお互い注意しながら走行ください。(取材へ行った日は、3台の対向車に出会いました。)
 
対向車に気をつけながらしばらく上っていくと、次第に周囲からモリアオガエルの鳴き声が聞こえてきました。
 
皆さんも田んぼなどでカエルの鳴き声を聞いたことがあるかと思います。が、ここはその比ではありませんでした。
どこもかしこもカエルの鳴き声。たまにウグイスの声がカットインしますが、一瞬でかき消されます。
本当にカエル。カエルワールドです。
 
そうこうしているうちに駐車場に到着しました。
天然記念物であるモリアオガエルについての説明や各種注意書きなどが記されています。
 
 
平伏沼 - 川内村6
 
平伏沼 - 川内村7
 
 
 
沼に行くため、長靴に履き替えて向かいます。(周辺で木の棒を調達するか、杖を用意しておくと移動が楽です。)
 
 
平伏沼 - 川内村8 
 
 
 
しばらく歩くと、待望の平伏沼が見えてきました!
予想よりも広くて驚きです!
 
駐車場で聞いたときよりもさらに多くのカエルが鳴いています。
高音でありながら、重厚な声で鳴くところが素敵です。録音して携帯電話のアラーム音にさせていただきました。
 
手前には生態維持のお願いが書かれた看板が立っています。
天然記念物のモリアオガエルですが、周辺の環境が大きく変わりすぎれば繁殖にも影響が出る可能性があります。
ごみを捨てない、などは当然のことですが、卵塊やカエルを持って帰ることはしないようにしましょう。
 
 
平伏沼 - 川内村9
 
平伏沼 - 川内村10
 
 
 
目的の卵塊は、見渡すとすぐ見つかるほどあちこちにぶら下がっていました!
 
以前別の場所でも卵塊を見たことはあったのですが、さすが群生地、圧倒的な数。
残念ながらモリアオガエルの姿は確認することができませんでしたが、目的は達成です。
 
 
平伏沼 - 川内村11
 
 
 
カエルの鳴き声がたくさん聞こえるのになかなか見つからないのは、日中は葉や木の枝の裏、暗いところで身体を休め、夜の産卵に備えているためです。
薄暗くなると、カエルたちの動きが活発になり、木々を飛び移る姿が見られるそうです。
なお、平伏沼の敷地内に外灯は見受けられなかったので、夜に見に行くのはリスクが高いと思います。
根気と運が必要ですが、明るい時間に双眼鏡で探すのが無難かと思います。
 
 
平伏沼 - 川内村12
 
 
 
川内村には有名な詩人「草野心平」さんが住んでいたことでも有名ですね。
彼が平伏沼について書いた詩が沼の敷地内に石碑として残っています。
村内には、草野心平さん縁の地である天山文庫もあります。
モリアオガエルの観察と一緒に草野心平さんが過ごしたこの川内村に思いを馳せてみては。
 
 
平伏沼 - 川内村13
 
 
 
今回はいつも以上に書き込んでしまいましたが、カエルの素晴らしさを堪能し、たくさんの卵塊を間近で見ることができてよかったです。
 
タイミングが合えば卵塊からオタマジャクシが水中に落下する瞬間を見ることができたり、モリアオガエルご本人にお会いすることができたりするかもしれません。
いつか私もモリアオガエルの姿を見れたらなと思います。
 
 
平伏沼のモリアオガエル産卵期は6月~7月予定です。
気になった方はぜひ足を運んでみては。
 
 
平伏沼 - 川内村14
 
 
 
————————————————————————————————————
 
平伏沼
 住所:〒979-1201 福島県双葉郡川内村上川内(地図
 
川内村役場
 住所:〒979-1201 福島県双葉郡川内村上川内早渡11-24(地図
 電話:0240-38-2111
 WEB :http://www.kawauchimura.jp/
 
川内村観光協会
 住所:〒979-1201 福島県双葉郡川内村上川内早渡11-24(川内村役場内)
 電話:0240-38-2346
メール:info@kawauchimura.com
 
————————————————————————————————————
 
 
 



facebookコメント

facebookページもチェック!

twitter

こちらの記事もチェック!

【川内村】下川内諏訪神社
2020/06/15
川内村にある『下川内諏訪(しもかわうち-すわ)神社』です。 川内村には、 「上川内諏訪神社」「下川内諏訪神社」「高田島...
南相馬鹿島区で保育園再開
2011/05/10
東京電力原子力発電所から 20km圏までの、自分の家に帰るのにも罰則規定のある「警戒区域」 20km圏から、放射線量の高...
さごはちにあっぱれ
2011/03/07
********************************** 福島県、山形県の郷土料理で、麹で漬けた漬物のこと。...
南相馬のこどもたちへ楽しいイベントのプレゼント
2011/05/26
全国放送のニュース番組で 「南相馬市内では”閉鎖”されています。」 と、報道された幼稚園・保育園。 東京電力原子力発電所...
南相馬市原町区で幼稚園・保育園が再園
2011/10/14
東京電力原子力発電所から30km圏の 緊急時避難準備区域が解除されて約2週間。 震災から7ヶ月休園となっていた南相馬市内...