メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
   

相双ビューロー

福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
福島県・相双地方の
地域情報ポータルサイト
相双ビューロー

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

相双神旗ディネード

相双地域復興支援

【川内村】歴史を綴る寺社仏閣『上川内諏訪神社・曹洞宗 長福寺』


 
※2021年11月5日現在の取材記事となります。
 
 
 
川内村にある「上川内諏訪神社」と「曹洞宗 長福寺(洞秀山 泰亨院)」にやってまいりました。
同じ敷地に神社と寺院が存在しています。
 
 
上川内諏訪神社・曹洞宗 長福寺_外観
 
 
 
川内村には諏訪神社が三社もあります。
「上川内諏訪神社」「下川内諏訪神社」「高田島諏訪神社」の三社です。
以前、「下川内諏訪神社」については相双ゆたどさで紹介したことがあります。気になる方はぜひご覧ください。
→相双ゆたどさ『【川内村】下川内諏訪神社』
URL:https://yumesoso.jp/yutadosa/archives/20467.html
 
 
さて、上川内諏訪神社からまいりましょう。
上川内諏訪神社は1430年に創建された神社だそうです。
 
荘厳な鳥居潜ると、狛犬が待っています。
 
階段を上がっていくと、拝殿が目の前に。
比較的新しい見た目に見えるのですが、もしかしたら改修工事をしたことがあるのかもしれません。
 
 
上川内諏訪神社2
 
上川内諏訪神社3
 
上川内諏訪神社1
 
 
 
屋根には「三つ巴」の紋様、拝殿の天井あたりには龍の装飾がありました。
 
諏訪神社と龍の関係は深いことを下川内諏訪神社の記事でも書いた記憶がありますが、ここでもそれが見られたのでうれしかったです。
 
 
上川内諏訪神社4
 
 
 
御神輿を保管する倉庫です。
チラッと覗いてみると、中に綺麗な御神輿が。
なんだかご利益ありそうです。
 
 
上川内諏訪神社5
 
 
 
さて、次は長福寺にまいります。
長福寺は1596年に創建されたそうです。1430年に創建された上川内諏訪神社の方が創建された年数が早かったようですね。
 
 
門には水戸黄門などでよく見る「葵紋」などが描かれていたり、その周辺には、歌碑や石碑がありました。
葵紋があったのはなぜかわかりませんでした。徳川家と縁があったということなのでしょうか。
 
 
曹洞宗 長福寺1
 
曹洞宗 長福寺2
 
 
 
門の端に立てかけられていた謎の自転車。なにか古い歴史を感じます。
なぜここにあるのか、こちらもわかりませんでした。
 
 
曹洞宗 長福寺3
 
 
 
門をくぐり道なりに進むと、突き当りに長福寺の名が彫られた石碑があります。
 
 
曹洞宗 長福寺4
 
 
 
そのすぐ横の階段で本堂へ向かいます。
観音像お寺と言えば、鐘。立派な鐘がありました。
 
 
曹洞宗 長福寺5
  
曹洞宗 長福寺7
 
 
 
その手前にもう一つ少し小さな鐘があったのですが、説明を読んでみると結構珍しい鐘のようです。
鐘には鋳物師の名前が刻まれているようで、これは全国的にも稀有なのだそう。
 
 
曹洞宗 長福寺6
 
 
 
ここまで二つの建物をみてまわりましたが、この地に神社とお寺が一緒にあり続けているのには歴史がありました。
中世以降になって、神仏混合の時代が到来し、上川内諏訪神社は長福寺のすぐ隣で長福寺の支配で存在するようになります。
 
しかし、明治時代になると、新政府から廃仏毀釈令が発令されたことで寺院は権力を失い、全国的な寺院に対する破壊行為や藩による寺領の没収などが行われる出来事がありました。そして、この出来事をキッカケにあわせて神仏分離となってしまいます。
 
その影響は川内村の長福寺も例外ではなく、取り壊しの話が出てきました。
「諏訪神社と一緒に残してほしい」そんな思いをもった村民たちが明治政府へ嘆願運動を行います。
 
そして当時の人々の努力が実り、見事取り壊しを回避。今に至ります。
 
実は下川内諏訪神社にある「地蔵院」もこのとき一緒に取り壊されることになっていたのですが、嘆願活動のおかげで長福寺も地蔵院も無事でした。
 
そんな歴史がある上川内諏訪神社と長福寺。
当時に思いを馳せながら参拝するのも良いかもしれませんね。
 
 
静かで安らげる場所です。
皆さんもぜひお越しください。
 
 
———————————————————————————————————-
 
上川内諏訪神社、曹洞宗 長福寺
 住所:〒979-1201 福島県双葉郡川内村上川内三合田29(地図
 
———————————————————————————————————-
 
 
 
※2021年11月5日現在の取材記事となります。
 
 
 



facebookコメント

facebookページもチェック!

twitter

こちらの記事もチェック!

【浪江町】観光パンフレット「浪江町じゃらん」が発刊されました。
2022/02/04
旅行雑誌で有名な「じゃらん」から、観光パンフレット『浪江町じゃらん』が発刊されました! 道の駅なみえなど、浪江町の各ス...
【双葉町】観光パンフレット「ふたば町じゃらん」が発刊されました。
2022/03/16
旅行雑誌で有名な「じゃらん」から、観光パンフレット『ふたば町じゃらん』が発刊されました! JR双葉駅や双葉町産業交流セ...
【双葉町】双葉アートディストリクト Vol.8
2022/03/16
双葉町にやってまいりました。 今回は何度か取材させていただいていた双葉アートディストリクトの第8弾が公開されるとの情報...
【双葉町】双葉アートディストリクト Vol.7
2021/12/08
東日本大震災・原子力災害伝承館の近く、双葉中央アスコン様の敷地外壁前にやってまいりました。 『復興ロード』と呼ばれる道...
【浪江町】花の散歩道”コスモスガーデン”
2022/09/07
浪江町、幾世橋近くにあるコスモス畑にやってきました。 こちらは、2021年より浪江町と福島学院大学 情報ビジネス学科が...