メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
   

相双ビューロー

福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
福島県・相双地方の
地域情報ポータルサイト
相双ビューロー

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

相双神旗ディネード

相双地域復興支援

【浪江町】浪江町権現堂村絵図


 
 
 
皆さん、「権現堂村絵図」をご存知でしょうか?
 
 
2022年2月6日、国文学研究資料館教授で歴史学者の西村慎太郎さんが、浪江町の中心市街地権現堂地区の地図「権現堂村絵図」をデジタル技術で再現し、地図を作製・掲載したというニュースが話題になりました。
 
 
この「権現堂村絵図」は、明治政府が人々の土地の所有権を示す地券を発行する際、当時の町民が1872(明治5)年に作製した地図です。
 
日本近世史が専門で震災後、浜通り各地で大字単位の郷土史編さんに携わってきた西村さんが、絵図を後世に残そうと所蔵していた町民から借り受けてデジタル化。
雨風に強く、耐久性に優れる素材のシートに印刷したということです。
 
印刷したシートは、浪江町出身の歌人である三原由起子さんの父が同町内で経営していたおもちゃや自転車などを販売し、原発事故を機に閉業した「乗り物センター三原」の店先に掲げられています。
 
 
浪江町権現堂村絵図1
 
浪江町権現堂村絵図3
 
 
この絵図に書かれた地図は『地籍図』とも呼ばれるものなのですが、「地籍」とは、いわば「土地に関する戸籍」ということだそうです。
各個人には固有の「戸籍」という情報があると思いますが、様々な行政場面で戸籍が活用されているのと同じように、土地についても「地籍」というかたちで、行政の様々な場面で活用されています。それを調べることが「地籍調査」といい、調査したものを図面にまとめたものが『地籍図』となるそうです。
 
「地籍調査」は主に市町村が主体となって、一筆ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、境界の位置と面積を測量する調査です。
そもそもなぜ調査するのかというと、調査して詳細に知っておかないと土地の境界が不明確なため、土地取引等を行う際にリスクを抱えてしまうかもしれないからです。
この記事を書くまで、地籍のことを知らなっただけに、たしかに調査しておかないと困るだろうなと思いました。
  
≪参考≫国土交通省 地籍調査Webサイト -『地籍調査の概要』
URL:http://www.chiseki.go.jp/about/index.html
 
 
設置された絵図の横には出所やどういったものなのかが書かれていました。
 
これは明治5年の壬申地券(じんしんちけん)発行の際に作製された絵図なのだそうです。
ここで言われている『壬申地券』とは、明治政府が人々の土地の所有権を認めるため土地ごとに発行した文書のことを指し、明治5年の干支が壬申(みずのえさる・じんしん)の年だったことに由来してこう呼ばれているとのことです。とても勉強になりました。
 
 
浪江町権現堂村絵図4
 
 
 
それでは絵図を見てみましょう。
 
地形の種類でそれぞれ色分けがされており、どのあたりに何があるかが見分けやすくなっています。
種類ごとに分けられている色合いは、絵図の上の辺りにまとまっていましたので、それを見ながら確認すると分かりやすいかもしれません。
 
 
浪江町権現堂村絵図6
 
 
 
西村さんによると、地図からは火災から地域を守るために”水路”や”火よけ地”が設置されていたことや、現在は使われていない地名も記載されているといいます。
また、『浪江町史』にはモノクロで掲載されているものをカラーで見てみることによって、より鮮明に当時の街並みを俯瞰して知れるのはとてもありがたいと思いました。
 
 
今回、権現堂村絵図をデジタル化した西村慎太郎さんの研究模様などを見ることができるブログとYouTubeチャンネルも掲載されていました。
ぜひご覧ください。
 
 
浪江町権現堂村絵図5
 
 
≪Amebaブログ≫
『大字誌 浪江町権現堂(仮)』編さん室 西村慎太郎
URL: https://profile.ameba.jp/ameba/namie-gongendo/
 
≪YouTubeチャンネル≫
shintaro nishimura
URL: https://youtube.com/channel/UCwErgw8YoNqmiuA_N4gSaBQ
 
 
また、西村慎太郎さんが出版した『「大字誌浪江町権現堂」のススメ』についても、相双ゆたどさで紹介していますので、ぜひコチラもご覧ください。
 
相双ゆたどさ -『「大字誌浪江町権現堂」のススメ』の勧め
URL: https://yumesoso.jp/yutadosa/archives/23040.html
 
 
以上、浪江町の歴史を垣間見ることのできる場所の紹介でした。
 
  
興味のある方はぜひ、実物をみながら当時の街並みに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
——————————————————————————————————
 
乗り物センター三原(浪江町権現堂村絵図 設置場所)
 住所:〒979-1521 福島県双葉郡浪江町権現堂新町54-2(地図
 
——————————————————————————————————
 
 
 
浪江町権現堂村絵図2
 
※2022年2月8日取材時点。
 
 
 



facebookコメント

facebookページもチェック!

twitter

こちらの記事もチェック!

【浪江町】観光パンフレット「浪江町じゃらん」が発刊されました。
2022/02/04
旅行雑誌で有名な「じゃらん」から、観光パンフレット『浪江町じゃらん』が発刊されました! 道の駅なみえなど、浪江町の各ス...
【双葉町】双葉アートディストリクト Vol.8
2022/03/16
双葉町にやってまいりました。 今回は何度か取材させていただいていた双葉アートディストリクトの第8弾が公開されるとの情報...
【双葉町】観光パンフレット「ふたば町じゃらん」が発刊されました。
2022/03/16
旅行雑誌で有名な「じゃらん」から、観光パンフレット『ふたば町じゃらん』が発刊されました! JR双葉駅や双葉町産業交流セ...
【双葉町】双葉アートディストリクト Vol.7
2021/12/08
東日本大震災・原子力災害伝承館の近く、双葉中央アスコン様の敷地外壁前にやってまいりました。 『復興ロード』と呼ばれる道...
【浪江町】夢がいっぱい『なみえすいぞくかん』
2022/01/25
みなさん、『なみえすいぞくかん』をご存知でしょうか? 福島県双葉郡浪江町にある「請戸漁港」。 ヒラメやカレイなど、多彩...