メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
   

相双ビューロー

福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
福島県・相双地方の
地域情報ポータルサイト
相双ビューロー

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

相双神旗ディネード

相双地域復興支援

東京電力仮払補償金


東京電力の原子力発電所災害における
仮払補償金の申請受付が、はじまりました。

各避難所や、原子力発電所から30km圏内、計画避難区域とされた市町村で
「社長や、会長がなぜ来ない」との声の中
東京電力副社長が訪れ
東京電力からの謝罪と説明と称される会が持たれました。

その仮払補償金の申請書に添付された
『仮払補償金お支払のご案内』です。

ぺら1枚の用紙に印刷された
内閣総理大臣より原子力災害対策特別措置法第15条第3項の規定に基づく
「避難」または「屋内退避」が指示された地域等にお住まいの方につきましては
世帯単位で避難等にかかわる補償金の一部を
「仮払補償金」としてお支払させていただきたいと存じます。

“言われたところにだけ、言われたから出します。”との文意です。

また、当初は各市町村を申請窓口に、との案も東京電力からあったと聞きます。
市町村の職員の皆さんは、避難されている方々、残った方々の対応に
休日どころか、昼夜の別なく働かれていることも御存じないのでしょうか。

5/2、連休の谷間の月曜日
申請窓口となった30km圏内のある小学校には
こどもたちの学ぶ姿はなく
東京電力のネームカードを胸に下げた社員が
入る際には、「ご苦労様です」
申請が終わって出ると、「お疲れ様でした」と。
”申し訳ない”も、”不自由させてる”もありませんでした。

”ご苦労様”は、目上が下の者を労う言葉だと
新入社員のビジネス研修で教わります。

”お疲れ様”は、『ほどこしてやる補償金』という意識が働いているのでしょうか。

東北に春を告げる町として、みかん栽培の北限の、広野町。
全国有数の鮭の水揚げ漁獲の、楢葉町。
春の桜のトンネル・駅いっぱいに咲き誇るツツジと冬の赤目ふぐ、富岡町。
川内村は、草野心平に代表される文化と、モリアオガエル、サラサドウダンなど自然豊かな、川内村。
梨・キウイなどフルーツ王国ふくしまを大きく担う、大熊町。
全国の海水浴場から県内で唯一、百選に選ばれた、双葉町。
阿武隈の山の湧水による農産加工品と伝統文化の、葛尾村。
相馬藩侯所縁の文化と、東北をリードする活気の、浪江町。
記紀以前から紡ぐ文化の、南相馬市。
国産最高級牛肉のひとつ飯舘牛や、村の風物詩となったたくさんの農産加工品の、飯舘村。
開府400年を迎えた、豊かな海産物と景観の松川浦と、東北に夏を告げる祭の相馬市。
農産品ブランドと、多種にわたる活魚を出荷する、新地町。

ひとことで言いあらわしただけでも相双12市町村は
これだけのものを失いました。

相双はもちろん、県内最大都市のいわき市をはじめ
県全体へ及んだ被害は甚大です。

一企業の狭量な”想定の範囲内”でしか
復興への一歩を語ることは出来ないのですか



コメント & トラックバック

  1. ゆっ太郎 より:

    clover さん

    コメントありがとうございます。
    県内は相双の新地から広野にかけてと、いわき市の浜通りは
    津波の爪痕が今も深く残っています。
    自衛隊の方々をはじめ、ご尽力によりだいぶ復旧も進んできました。
    でも、東京電力原子力発電所に近くなるほど
    あの日そのままの光景が残されています。
    『東電からのお金は一切いりませんので放射能に汚染される前の町に戻してください』
    以前見かけた、ある書き込みが全員の正直な気持ちだと思います。

  2. clover より:

    ブログを読みながら涙した、南相馬市出身の者です。
    今は主人が転勤族な為宇都宮市に居住してますが、つい5年程前までは、季節毎に新地からいわきまで、よく遊びに行きました。
    津波の被害も甚大だったときいてます…幼子が居るため震災から、まだ一度も実家を訪れる事ができませんが…。
    一時期両親がこちらに避難してきてましたが、帰ってしまいました。大丈夫なのか心配でなりません。

    お金なんて…、地元に安心して子供と訪れたい。元に戻す事を一生懸命に考えて欲しいです。

  3. ゆっ太郎 より:

    Mappleさん
    > 福島県相双地区の復活を心より願っています。
    > 相双地区の復活なくして日本の復活はありません!!

    いつもコメントありがとうございます。
    励ましをいただき、支えられてもらっていることに”絆”を感じます。
    相双は3.11以前よりも、もっとスバらしく輝きます。
    きっと。

  4. Mapple より:

    こちらの記事深い憤りと やりきれなさをもって転載させていただきました。
    http://d.hatena.ne.jp/Mapple/20110503
    福島県相双地区の復活を心より願っています。相双地区の復活なくして日本の復活はありません!!

facebookコメント

facebookページもチェック!

twitter

こちらの記事もチェック!

さごはちにあっぱれ
2011/03/07
********************************** 福島県、山形県の郷土料理で、麹で漬けた漬物のこと。...
南相馬鹿島区で保育園再開
2011/05/10
東京電力原子力発電所から 20km圏までの、自分の家に帰るのにも罰則規定のある「警戒区域」 20km圏から、放射線量の高...
南相馬のこどもたちへ楽しいイベントのプレゼント
2011/05/26
全国放送のニュース番組で 「南相馬市内では”閉鎖”されています。」 と、報道された幼稚園・保育園。 東京電力原子力発電所...
南相馬市原町区で幼稚園・保育園が再園
2011/10/14
東京電力原子力発電所から30km圏の 緊急時避難準備区域が解除されて約2週間。 震災から7ヶ月休園となっていた南相馬市内...
小高区5校PTA夏祭り
2012/08/27
東京電力原子力発電所災害により 居住が制限された南相馬市小高区のこどもたちのために 小高区5校小中学校PTA連絡協議会主...