メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
   

相双ビューロー

福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
福島県・相双地方の
地域情報ポータルサイト
相双ビューロー

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ

相双神旗ディネード

相双地域復興支援

相双の んめモンっ 記事一覧

【広野町】食と味の店「かなめ」

【広野町】食と味の店「かなめ」...

      広野町の役場前にやってきました。   役場の前に建つイオン広野店には、通常の日用品のほか、「ひろのてらす」という地元の企業などが入ったスペースが併設されています。   日中は地元の方々が休憩していたり、平日などは夕方になるとすぐ近くにある福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校の生徒さんたちが集まってきて勉強する場所になったりしています。   今回はこの施設の玄関口のすぐ横にある食堂「食と味の店『かなめ』」に入っていきます。           店内にはテーブル席とカウンター席、畳席までありました。 ...

【富岡町】そば処 満留賀

【富岡町】出汁がおいしい人気の蕎麦屋『そば処 満留賀』...

      国道6号線沿い。  富岡町にある蕎麦屋さん『そば処 満留賀』にやってきました。   東日本大震災前からあるお店で、店主のこだわりの出汁が美味しいと評判の蕎麦屋さんでした。 震災後はしばらくお休みとなっていましたが、2018年から同じ地に再オープン。   おいしい出汁も健在とのことで、お昼時は駐車場が満席になることもあるそう。   建物は以前あったお店と似た落ち着いた感じがしますね。 それでは、さっそくお店に入ってみます。           白い壁の店内は明るい印象です。 メニューはこのような感じ。   結構種類もあって定食や丼物もありました。           どれも美味しそうですが...   今回はコチラを注文。     ミニ天丼セット(¥1,100円)         "ミニ"と書いてありましたが、ちょうど良いボリュームでした。   天丼には様々な天ぷらが載っており、ご飯との相性も良くどんどん食べられます。   蕎麦はほどよく切れ、噛み応えも良い感じ。 評判の良い出汁はそれだけでも美味しいし、天かすとの組み合わせでさらにその魅力を引き立たせているように感じます。   お好みで七味をアクセントにするのもオススメです。   なにげにサラダとお新香が付いているのもありがたい。           地元で愛される蕎麦屋さん『そば処...

【富岡町】旬の料理が食べられる「おらほや 富岡店」

【富岡町】旬の料理が食べられる「おらほや 富岡店」...

      富岡町にある食事処「おらほや 富岡店」に行ってまいりました。   シーズンごとに旬の食物を使用した料理を提供してくださる食事処です。 約半年前にも訪れたお店でして、その時に取材した記事もありますので、ぜひご覧ください。   相双ゆたどさ...

【南相馬市原町区】らーめん海道 灯う家

【南相馬市原町区】らーめん海道 灯う家...

      南相馬市原町区にある『らーめん海道 灯う家』にやってまいりました。           さっそくはいってみます!           店内に入ってまず驚いたのは、お店のあちこちにレトロチックなものが飾られていたことです。   はじめてみた昔の電話やペナントなどなど。不思議と心が落ち着きますね。             お店のきもちも掲げられていました。           さて、それではさっそくラインナップを見てみたいと思います。   醤油の『黒』、味噌の『赤』、塩の『白』が目をひくメニュー表がメイン。   ランチメニューやその他のラーメン、そしてサイドメニューまで充実していて、何度でも来て食べたい感じがします。               どのラーメンも魅力的な見た目ですが、今回はコチラの2品を注文してみました。   ...

豪ーめん 南相馬店

【南相馬市鹿島区】ボリューム満点「豪一めん 南相馬店」...

      南相馬市鹿島区6号線沿いにあるラーメン屋「豪一めん 南相馬店」にやってきました。             南相馬店と書いてあったので調べたところ、岩手発祥のお店で、現在南相馬店を含む16店舗が東北各地に展開しているようです。 そのため、名前を知っている方がいらっしゃるかもしれません。     どんなラーメンがあるのか、さっそくお店に入ってみます。 入るとすぐ、玄関口には券売機とメニューがありました。   写真も添えてあるためどんなラーメンが食べられるのかがわかりやすかったです。           大きく紹介されているのは醤油や味噌ですが、下の方に塩味もありますと書いてありました。 いろいろな味を楽しめるので良いですね。   パッと見てもわかるくらいたくさん種類があったので正直迷いました。 悩んだ末、看板商品という感じで一番上にあったラーメンを選びました。     出てきた食券は店員さんに手渡し、好きな席で待ちます。 店内はテーブル席二つとカウンター席。   暖簾越し厨房の様子が見れるのはラーメンファンにはたまらない。カウンター席の良いところですね。           また、お店の出入り口付近には調味料置き場と、自由にニンニクを絞れるスペースもありました。   生のニンニクをお好みでかけて食べられる、すごい! 自分でやれるというところに驚きでした。           少し待っていると店員さんがラーメンを運んできてくれました。いよいよです!     「味噌豪一めん...

【相馬市】浜の台所「くぁせっと」...

      相馬市松川浦にある「浜の駅 まつかわうら」にやってまいりました。    復興市民市場「浜の駅 松川浦」は、2020年10月にグランドオープンしたばかりの施設。   相馬市で水揚げされた新鮮な魚介類をはじめ、地元農産物や加工品、お土産なども販売しています。     また施設内には、フードコート「浜の台所 くぁせっと」というレストランがあり、旬の地元農水産物を使ったメニューを味わうことができます。           一年ほど前にできた当施設ですが、今回はコチラで食事をさせていただきます。           くぁせっとの特徴は、獲れたばかりの新鮮なお魚を調理してすぐ食べられるところです。 これも漁港のすぐ近くであるメリットだと思います。   料理の注文は食券式です。 店員さんに半券を渡して、あとは料理ができたら印字されている番号が呼ばれるまで席でゆったり待ちます。           ちなみに、券売機の近くには写真のような感じでその時期に提供されるお魚が紹介されています。 時期によって楽しめるお魚が変わるのがとてもユニーク。 今日はどんな魚が食べられるのか、毎回楽しみができるので良いポイントですね。           「旬のお魚フライ定食」(1,100円)         提供する時期に合わせて、旬のお魚をフライにしたものが楽しめます。 今回は「イナダ」「ヒラメ」「メヒカリ」の3種類。           タルタルソースが標準でついていて、お好みでソースやしょうゆをかけて食べました。 イナダは歯ごたえがあり、ヒラメとメヒカリは口の中でホロホロとしてとても面白い感覚でした。   なんといっても新鮮なお魚を揚げたてのフライで食べる、ぜいたくな時間を過ごさせていただきました。 味噌汁には青のりが。これももしかして相馬港で採れたものなのでしょうか。       「地魚丼」(1,250円)         コチラは「釜揚げシラス」「昆布〆スズキ」「漬けヒラメ」「サワラ」の4種類。           刺身になって乗っているスズキ、ヒラメ、サワラの3種のお魚と散りばめられたたくさんのシラス。   昆布で〆られていたり、漬け味つけされていたりとそれぞれの味に緩急があってご飯がすすみます。   地魚が好きな方にはぜひオススメしたい一品です。   さて、実はこの地魚丼を注文したときに、店員さんからこのような説明書?を手渡されていました。   どうやら地魚丼を頼むと、店内に設置された「出汁バー」というスペースで、自由にお出汁をかけて食べることができるそうです! オススメの食べ方はこんな感じ...           ①まずは醬油のみで相馬の魚のうまみを楽しむ。 ②お好みにあわせて「出汁バー」にある漬け丼のタレと炒りゴマをかけて漬け丼風にして楽しむ。 ③最後の1/3くらいになったら、出汁バーにある『本日の出汁』をかけて、出汁茶漬けにして楽しむ。(添えてある大葉を薬味に入れるのもオススメ)   とのことです。   お出汁をかけてみると、これはまた雰囲気が変わりますね。   そのまま白米と一緒に食べるだけでも十分おいしいのですが、ここにお出汁を加えて茶漬け風にすることで気軽に味変ができてしまう。 これは得した気持ちにもなりました。           新鮮な魚介が盛りだくさん。 お魚料理を楽しむなら『浜の台所「くぁせっと」』。   相馬市を訪れた際にはぜひお立寄りください。     ---------------------------------------------------------------------------------   浜の台所「くぁせっと」  住所:〒976-0022...

南相馬の老舗が夢のタッグ”俺たちの醤油プリン みたらし風味

”南相馬の老舗が夢のタッグ”俺たちの醤油プリン...

”南相馬の老舗が夢のタッグ” 俺たちの醤油プリン みたらし風味     南相馬のふたつの老舗店 若松味噌醤油店 若松真哉専務と、松永牛乳 井上禄也社長が考えた「本気のプリン」 若松味噌醤油店の二段仕込み醤油「再仕込み醤油(醤油で仕込んだ醤油)」と 松永牛乳「まつなが牛乳」を用いて 地域商社いわきユナイト(いわき市)が商品企画 いわき市遠野らぱんさんが製造した、みたらし風味のプリン。 松永牛乳株式会社...

新地町「ファーマーズフィールド」

【新地町】フルーツサンド専門店「ファーマーズフィールド」...

ようやく行くことが叶いました! 場所は、JR常磐線新地駅すぐの、観海プラザE-1 都内で人気のお店を経営されていらっしゃった管理栄養士の方が、Uターンして始められたお店で 宮城県丸森町にもカフェを経営されています。 2022年3月の地震の影響により観海プラザ各店舗が休業となってしまいましたが 5月にフルーツサンド専門店「ファーマーズフィールド」としてオープンしました。 旬のフルーツたっぷりのフルーツサンド。 この日、お店へうかがう何日か前に、県内テレビ局でも紹介されていました。 FTV福島テレビ 新たな名物【津波や相次ぐ地震被害の福島県新地町】フルーツサンドで復興を後押し 甘すぎず、フルーツの味が口いっぱいに広がるフルーツサンド。 テレビで放送されたインタビューによると 素材の味を活かすために、クリームの甘さをフルーツごとに調整しているそうです。 ブルーベリーのフルーツサンドが気になっていたのですが お昼を過ぎてお店へお邪魔してしまいましたので 開店してから早い時間の、商品数が充実している頃がおすすめです。 新地町のフルーツサンド専門店「ファーマーズフィールド」       ======== ファーマーズフィールド...

和風ダイニング「和心」

【南相馬市原町区】和風ダイニング「和心」...

      南相馬市原町区にある和風ダイニング「和心」にやってきました。     道路沿いにあるコチラのお店では、うどん・そば、ラーメンなどの麺類、丼物、カレーなどを提供しています。           店内にはカウンター席とテーブル席が用意されており、カウンター席は外の景色を見ながら食べることができるようになっています。           コチラがメニュー。 結構バリエーションがあり、驚きました。               今回は、「醬油ラーメン+大盛り」と「もやしラーメン」を注文してみました。   驚いたことは他にも。注文してから10分もしないうちに料理が来たことです! すごく早くて驚きました(笑)     「醬油ラーメン+大盛り(550円+大盛り100円)」           あっさり醤油味のスープにツルっとした麺が合います。 干瓢やチャーシューも美味でした。   +200円で特盛も選べますが、特盛が2人前、大盛りが1.5人前くらいの量だそうです。 ご注文の際の参考に。       「もやしラーメン(750円)」           モヤシどっさりで来るのかと思いきや、驚きの餡かけたっぷりでした! たくさん驚きです(笑)   これでもかというほどの濃厚な餡かけが麺や具と絡んでおいしかったです。 餡かけが予想以上のボリュームだったため、普通盛りの麺でも十分満腹になりました。 餡かけが熱々だったので、やけどにはご注意ください。       夜も営業していて、お腹がすいたときにはフラッと気軽に立ち寄れるアットホームな雰囲気も良い印象でした。 メニューが豊富なところも楽しみが増えますし、壁にかかっていたメニューに「お刺身」などもあり、ますます気になります。いつか頼んでみたいですね。(コース料理もあるようです。)           南相馬市を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。           -----------------------------------------------------------------------------------------   和風ダイニング「和心」  住所:〒975-0061...

洋食レストラン「La Kasse」

【飯舘村】村の新たな洋食レストラン「La Kasse」...

      飯館村の道の駅から数km先。 2022年6月にオープンしたばかりの洋食レストラン「La Kasse」にやってまいりました。           オーナーの佐藤さんは、飯舘村出身の方で、約10年間洋食やイタリアン、フレンチなどを飲食店で働きながら技術を身につけられた方です。 独立したときは飯館村でしたい!と決めていたそうで、ついにその思いが実現しました。 「La...

蕎麦酒房天山

【川内村】暑い夏には『蕎麦酒房天山』の蕎麦がオススメ。...

      暑いですね。 なにか涼しい気分になるようなものを食べたいです。   ということで、川内村にお店を構える「蕎麦酒房天山」にやってまいりました。   こちらのお店では、こだわりの十割蕎麦を提供しており、蕎麦本来の甘みやコシ、香りを楽しむことができます。           店内に入ってみると、歴史を感じる囲炉裏や木目調のインテリア。くわえて風の通りの良い吹き抜け構造をしていて、暑い日でも最低限の空調でとても涼しい印象でした。 また、店内で強い照明を使っていないのか、どちらかというと少し暗い感じがまた落ち着いた雰囲気を演出していました。日中の外の日差しなどが店内を照らし、自然の中でくつろいでいる、そんな雰囲気を楽しむことができます。           さて、ひととおり店内をみたところでさっそく注文します。 コチラがメニュー。 様々な種類の蕎麦があり、とても迷います。             天丼もあるのか...気になる... しかし今回は蕎麦が食べたい気分なので天丼は次回!     ということで、今回は「冷やしおろしそば」と「天ざるそば(大盛り)」を注文しました。   「冷やしおろしそば(1,100円)」           ボリュームたっぷりの鰹節と大根おろしが目を惹きます! 蕎麦単体で食べるのはもちろん、この冷たい麺つゆに鰹節を沈めて一緒に食べると、蕎麦の香りに鰹節の香りも混ざって和風な味わいが楽しめます。           付け合わせに沢庵とキクラゲ、葛餅がありました。蕎麦と麺つゆをすすり、ちょっと程よい漬け具合の沢庵を一口、アクセントが出てとても良いです。           キクラゲの方は、酸味のあるドレッシングを絡めることでサッパリとしたキクラゲを楽しめます。大きさに驚いたのですが、もしかして一つ丸ごと入っているのではと思うほど。 デザートの葛餅は、モチモチとした食感と甘い蜜の組み合わせが抜群で、とても良いデザートでした。        「天ざるそば+大盛り(1,650円+250円)」            こちらはざる蕎麦と天ぷらのセット。 ざる蕎麦ということで、自分で蕎麦を取り麺つゆにつけて食べます。ゆったりしながら蕎麦を楽しむことができるのでオススメです。           麺つゆにつける際、手元へ蕎麦を持ってくると蕎麦の香りがするのがとても素敵です。 天ぷらもまたすごいんです。椎茸やナス、カボチャやエビなどが程よい揚げ加減でサクサク。 単体でサクサク食感を楽しむのも良し、麺つゆにつけて少し衣をふやかして食べるのも良しです。 揚げたてなのもポイントが高いですね。     落ち着いた空間でゆったりと蕎麦をいただくことができる『蕎麦酒房天山』。 川内村オススメのお食事処の紹介でした。   ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。           -----------------------------------------------------------------------------------------   蕎麦酒房天山  住所:〒979-1201...

双葉のおらほや_外観1

【双葉町】おらほや 双葉店「ふたばのおらほや」...

      双葉町にある双葉町産業交流センターにやってきました。 以前コチラのフードコートでは、震災以前に双葉駅前で愛され続け、その後コチラの施設内で営業を再開したファストフード店「ペンギン」さん、大堀相馬焼の皿を使用して濃厚なソースを絡めたなみえ焼そばを提供する「せんだん亭」さんを紹介いたしました。           そして今回は、前回ご紹介した「富岡町のおらほや」さんの双葉店。「ふたばのおらほや」を紹介いたします。    こちらでは、他のおらほやさん同様にボリュームたっぷりな料理の数々を提供しています。           カウンターには代表である横田さんの手書きのメニューがいっぱいに貼られています。 他のおらほやさんと同様、メニューが本当に豊富なので、何を食べるか悩んでしまいます。           食券販売機から食べたい料理を選んで発券します。           発券すると注文が自動でお店の方に伝わるのが驚きでした。 出てきた券は確認のため、料理ができた際にお店の方へ見せれば大丈夫です。     そんなわけで、今回選んだのはコチラの料理です。 ・ホッケ塩焼定食+ライス大盛り(800円+150円)   見た瞬間、大きい...!と思いました! もう見てわかるくらいの特大サイズ。 しかもホッケからあふれ出る油の量に驚きです。   身は肉厚で、塩加減と焼き加減がちょうどよく、ご飯がすすみます。 大盛りのライスはてんこ盛り。こちらも驚きです(笑)           ・鳥唐油淋鶏定食(850円) こちらもボリュームがすごいです! 一口では到底頬張り切れない大きさです。 油淋鶏に使用している中華風のタレもおいしく、鶏肉の美味しさをより引き立ててくれています。           肉汁たっぷり、サクサクの衣、そしてタレ...完璧ですね!   どちらも完食! ボリュームたっぷりで大満足です。     ボリュームが多いことは富岡店でも感じていましたが、どの店舗に行っても遜色ない満足感を与えてくださることがとてもありがたいです。   普段から力仕事をしている方々も多い双葉町では、ボリュームたっぷりの料理が手ごろな価格で楽しめるのはとてもありがたいのではないでしょうか。     なんといってもこの...

おらほや 富岡店_鳥なんばんタルタル定食2

【富岡町】おらほや 富岡店...

      富岡町にある「おらほや」にやってまいりました。     もともと富岡町で惣菜や地場産品などを提供する「おらほ・ya」として営業していたのですが、東日本大震災で被災し、くわえて原発事故の影響で非難をせざるを得なくなったことから、しばらく営業休止していました。   これまで、なんとか営業は継続したいという思いを胸に、楢葉町や双葉町で店舗を再開し、日々模索しながら継続していました。   そんななか、店主である横田さんは、車で富岡町内を走っている時に、震災前に自身が営業していたお店の姿(おらほ・ya)を見かけて、やはり町内で営業したいとの気持ちが強まっていったそうです。   そうして奔走するなか、ようやく2021年に富岡町でお店を再開することが出来たそうです。   (参考:富岡観光協会「ボリューム満点の定食を食べに おらほや」)           そんな横田さんの熱い情熱が詰まったお店。さっそく入店してみます。    ...と、その前に先ほどから気になっていたロッカー。   お店に向かって右側に立つこのロッカーが気になり見に行くと... なんと『黄金柑(おうごんかん)』が販売されていました!   ここでいつでも販売しているのでしょうか? 今回はわからなかったので、次回また見に行ってみたいと思います。    ※黄金柑(おうごんかん)は、日本の柑橘類「黄蜜柑(きみかん)」の通称です。            さて、コチラが提供されているメニューです。 おらほやさんでは、定食メニューが基本のようです。           どれも魅力的で迷いますが、今回は『鳥南ばんタルタル定食』を頂くことにしました。   【鳥南ばんタルタル定食(880円)+そばに変更(+100円)】           おらほやの定食メニューには、基本的にみそ汁が付いてくるのですが、+100円で「そば」か「うどん」に変更することができます。 せっかくなので、今回は「そば」にしてみました。   料理が来た瞬間からすごいボリューム!と思いました。 一口では頬張り切れないほどの大きな唐揚げは、非常に満足感があります。   そばも美味しくて、選んでよかったです。             料理もおいしくて大満足。 お店の雰囲気もどこか懐かしい感覚で、来店していたお客さんたちも皆さん明るく話したりしていて、ちょっぴり元気を分けてもらえた気分になりました。   開店当時はランチ営業のみでしたが、現在は夜の営業もしているようです。 夜も行ってみたいですね。   店主の横田さんの思いが詰まった「おらほや」さん。     富岡店を訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。           ------------------------------------------------------------------------------------------------   おらほや...

おむすび専門店「えん」

【浪江町】おむすび専門店「えん」...

      浪江町役場の前にある仮設商業施設「まち・なみ・まるしぇ」にやってきました。           様々な分野の商業施設が入っているなかに、気になるお店があったので入ってみることにしました。           その名も「おむすび専門店...

お食事処・大衆居酒屋「一平」

【楢葉町】食事処・大衆居酒屋「一平」...

      楢葉町役場の向かいに店舗をかまえる、「お食事処・大衆居酒屋 一平」さんにやってまいりました。           ここは、食堂兼居酒屋ということで、日中は食堂、夕方からは居酒屋として営業しています。   相双ビューローでは以前にも紹介させていただいたことがあるのですが、それから実に6年ぶりです。           店内は、どこか懐かしさを感じるまさに"食堂"といった感じの雰囲気。とても好きです。   店内にはカウンター席とテーブル席があり、常連の方はカウンター席に座ることが多いのだとか。 さすが居酒屋といった感じで、カウンターの内側には様々なお酒が見えます。     メニューはこのような感じです。 比較的リーズナブルな価格で定食、丼物、麺類を楽しむことができます。           単品類も充実、飲み物もたくさんあって驚きました。 あとジャンボ・メガメニューというものがありました。           ...ジャンボ?メガ?なんだかすごそうです...!     さて、数あるメニューの中から何を選ぶか。 今回は「味噌ラーメン」「正油ラーメン大盛り」を注文しました。   「味噌ラーメン(700円)」           味噌の綺麗な色が目を惹くスープ。 そして山になったモヤシ。味噌の香りもして食欲をそそります。 モヤシのしばにある挽肉とコーンは、レンゲでスープと一緒にすくってグイっと一気に食べるのが個人的に好きな食べ方です。     「正油ラーメン大盛り(550円+麺大盛り150円)」           麺大盛にて頼んでみました。 正油の透き通ったスープ。光沢があってスープを早くすすりたくなります。 くわえて、具もたくさん入っていて彩り豊かです。   麺の盛りもちょうど良かったです。     どちらも美味でした! 今回は麺類のみだったので、ほかの料理にも挑戦してみたいですね。     役場からもアクセスしやすい「お食事処・大衆居酒屋...

小麦の奴隷 福島楢葉店

【楢葉町】小麦の奴隷 福島楢葉店...

新地方活性型ベーカリー 小麦の奴隷 (詳しくはwebサイトを http://komuginodorei.com/ を、ご覧ください) その22店舗めとなる「小麦の奴隷 福島楢葉店」が 2021年11月12日(金)に楢葉町の国道6号沿いにオープンしました。 とても人気のあるパン屋さんだと聞いていたので 商品が残っているか不安でしたが昼食時間を遅くずらしてうかがってみました。 が、次々にお客さんの来店があり、女性の方が多い印象でした。 ・バターおおくない?...

"令和3年産南相馬市産食用米PR事業「新米出発式」「新米発表会」

令和3年産南相馬市産食用米PR事業「新米出発式」「新米発表会」...

昨年に続き、令和3年の今年も 南相馬市産食用米「天のつぶ」と「こしひかり」の新米出発式・新米発表会が ふくしま未来農業協同組合相馬地区本部前、かしま交流センターを会場に開催されました。 出発式の時間まで 新しく開設された南相馬米の情報を発信するポータルサイト「南相馬米’S」の映像が ビジョンカーで会場に流され、南相馬市産こしひかり、天のつぶについて教えてくれていました。        [南相馬米の情報発信基地...

南相馬市小高区産ブドウ100%コヤギファームワイン

南相馬市小高区産ブドウ100%使用のワイン完成しました!...

2011(平成23)年3月11日に発生した東日本大震災と それに伴う東京電力福島第一原子力発電所事故の影響により 東京電力福島第一原子力発電所から20km圏内にある南相馬市小高区は 2011(平成23)年4月22日午前0時より 小高区内全域が警戒区域指定され、区域内への立ち入りが禁止となりました。 その後、2012(平成24)年4月16日、小高区内の大半の地域が 避難指示区域(避難指示解除準備区域・居住制限区域・帰還困難区域)として設定され 2016(平成28)年7月12日午前0時に、帰還困難地域を除く 避難指示解除準備区域・居住制限区域が解除されました。 震災後、いち早くブドウ栽培に取り組んだ川内村・富岡町で ブドウ栽培とワインづくりを作業を通して学んだ 震災発災まで、南相馬市小高区で酪農を営んでいた三本松さんは 生まれ育った小高の小屋木にも活気をつくり出したいと 圃場をブドウ栽培に替え、2019(平成31)年春ブドウの苗を初植樹し 株式会社コヤギファームを設立されました。 東北地方は2011年に発生した東日本大震災によっていまだ多くの課題を抱えています。 私たちは福島県南相馬市でブドウの栽培とワイン製造を主な事業としながら 地域に貢献できる新しい産業とプラットフォームを作りたいと考えています。 地域の産業の醸成により雇用の促進を図るとともに 地域資源の活用、良質な作物の育成のための農地運用検証など 私たちに出来ることに精一杯取り組み 人々が集まり笑顔になれる場所を作っていきたいと思います。 2019年に植えたブドウの苗木は2023年頃に最初のワインとして試験醸造を開始する予定です。 私たちの活動を見守っていただけると幸いです。 (KOYAGI...

らーめん 三七三 - 川内村5

【川内村】らーめん 三七三...

      川内村にある「らーめん 三七三」に行ってきました。   昭和63年の創業、30年以上前から地元に愛されるラーメン屋さんを営んでいます。 店名の「三七三(みなみ)」は、お店のある住所の番地からとったそうです。   6年前にも一度取り上げさせていただいていましたが、今回はその当時いなかったスタッフによるレポートです。 ぜひ、こちらの記事もあわせてご覧ください。↓ 相双ゆたどさ...

全部のせ『千代田軒』

【南相馬市原町区】千代田軒...

      本日のご紹介するお店は 南相馬市原町区、松屋菓子舗さん隣の『千代田軒』さん。       最近オープンしたばかりのお店で、おいしい中華そばを提供されています。     店内はカウンター席のみ。きれいなレイアウトです。 厨房の近くの席に座ると、作っているところを目の前で見れます。         ラーメンメニューは『中華そば』(¥700)のみ。 ※大盛り(プラス...