メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
   

相双ビューロー

福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
福島県・相双地方の
地域情報ポータルサイト
相双ビューロー

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

相双神旗ディネード

相双地域復興支援

Archive for 2022

2022年相馬野馬追フレーム切手

2022年相馬野馬追フレーム切手発売...

相馬野馬追開催月となりました。 日本郵便東北支社制作の、この時期恒例、相馬野馬追フレーム切手が発売開始されました。 令和4(2022)年相馬野馬追ポスターを上部に これまでの例年は、南相馬観光協会(URL:https://minamisomakanko.org/)の 「相馬野馬追フォトコンテスト」入賞作品が使われていましたが (平成26(2014)年) (平成29(2017)年) (平成30(2018)年) (令和元(2019)年) 今年は、2012年から2021年までの相馬野馬追ポスター10枚が切手となっています。 (平成24(2012)年から令和3(2021)年まで10年間の相馬野馬追ポスター) 10年間の相馬野馬追ポスター、1枚づつ84円切手で合計10枚が1シート1,330円(税込) 相馬市、南相馬市、新地町、飯舘村の各郵便局で6月29日(水)から販売開始。 7月5日(日)からは「郵便局のネットショップ」(URL:https://www.shop.post.japanpost.jp/shop/) でも販売されるそうです。 今年の相馬野馬追総大将は 相馬家第三十三代御当主...

多珂神社

【南相馬市原町区】多珂神社で茅の輪くぐりが始まっています。...

      南相馬市原町区にある多珂神社にいってきました。 南相馬市原町区高字城ノ内に鎮座している神社です。           取材をした6月30日は「夏越の大祓」の日ということで、当社でも茅の輪が境内に設置されていました。           半年間の穢れを祓うため、我々もくぐってきました。 久しぶりだったのでしっかりくぐり方を確認してくぐりました。(左→右→正面からくぐって本殿に参拝とのこと。)     くぐっている様子です。         この地は「行方八社」という、今の相馬郡という呼び名の前にあった地名で、ここ「多珂神社」のほか、「鹿島御子神社」「御刀神社」「押雄神社」「冠峯神社」「高座神社」「日祭神社」「益田峯神社」がこの行方八社とされています。   そしてこの中でも多珂神社は、行方郡衙の守り神としても重要視されていた神社。深堀すると面白そうです。     境内には綺麗に咲くアジサイや、新緑あふれるとても静かな場所でした。             ミッ〇ーマウスに見えますね...           多珂神社では、夏越の大祓の期間中『茅の輪くぐり』ができますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。           -------------------------------------------------------------------------------------------------   多珂神社(南相馬市)  住所:〒975-0054...

【南相馬市鹿島区】栃窪簡易郵便局

【南相馬市鹿島区】栃窪簡易郵便局...

奥州中村藩相馬家のお城のあった馬陵公園、相馬神社、相馬中村神社から 福島県道34号相馬浪江線(通称サンロク線)を南下すると 福島県道268号草野大倉鹿島線と十字路で交差します。 この道は相馬街道と呼ばれ、相馬の殿様が参勤交代の帰路に用いた道とされています。 (江戸へ向かう往路は陸前浜街道を用いたそうです) また、相馬の物産を内陸へ運んだ「塩の道」でもありました。 (「塩の道」については長くなりそうなので、また別の機会に……) この福島県道268号草野大倉鹿島線を真野川に沿い西へ向かって約2km 進行方向右手に栃窪簡易郵便局が見えてきます。 (上記画像右から、東蔵、住宅門、中蔵) 相馬街道(塩の道)の物量拠点であった大谷(おおがい)家の高麗門を挟んだ2棟の土蔵、東蔵・中蔵は 平成28(2016)年8月1日に国指定登録有形文化財(建造物)指定を受けています。 ・東蔵 土蔵造2階建、鉄板葺、建築面積45㎡ ・中蔵 土蔵造2階建、鉄板葺、建築面積54㎡ ・門  木造、瓦葺、間口2.6m 土蔵は2階建で、東蔵が米蔵、中蔵が酒や醤油を収める蔵でした。 いずれも腰廻りに海鼠壁をめぐらし、渦紋入りの鉢巻など華やかな意匠を施しています。 建築年代は、東蔵が明治後期、中蔵及び門が昭和前期と考えられています。 ([南相馬市]鹿島区の文化財 3...

ポケモンマンホール_飯舘村2

【飯舘村】ポケふた in 飯舘村...

    飯館村の「ふかや風の子広場」にやってきました。           今回は以前より取材していたポケモンマンホール(ポケふた)の新作がここ、ふかや風の子広場に設置されたことを聞き、探しにきてみました。   飯館村の道の駅までい館の裏手にあり、小さなお子さんとその保護者の方などが遊具などを利用できる場所となっています。   以前、相双ビューローでも取材したことがありました。 ぜひコチラの記事もご覧ください。↓ <相双ゆたどさ...

浪江アートプロジェクトvol.2 6

【浪江町】なみえアートプロジェクト 第2弾...

      JR浪江駅前にやってまいりました。    浪江町に現れた「なみえアートプロジェクト」。今回はその第2弾の取材のためやってきました。      つい先日、このアートプロジェクトの第1弾を取材してきましたが、新たな第2弾が別の建物のあたりに展示されたとニュースで拝見したため、どんなものか楽しみです。     前回の第1弾の記事はコチラ↓   相双ゆたどさ...

高塚高原キャンプ場 - ドウダンツツジ3

【川内村】高塚高原のドウダンツツジ...

      (2022.06.17 取材時点)   川内村の高塚高原にやってまいりました。   今回は高塚高原に咲く「ドウダンツツジ」の花の観測に向かいます。              ドウダンツツジは、アジア原産の花で一般的に知られるツツジとは少し違っており、ベルのような形をした白やピンク色のかわいらしい花の形の花を咲かせるのが特徴です。 葉の形はツツジとよく似ていて、パッと見ただけでは区別がつかないです。   開花時期は3~6月あたりで、さらに紅葉の季節には色づいた姿が美しく、見る人を楽しませてくれる植物です。     そんなドウダンツツジがたくさん楽しめるスポットが、この高塚高原キャンプ場の「ペラペラ石」へ向かう道中にあります。   ペラペラ石とは、このキャンプ場の坂をグングン進んでいった先に見えてくる大きな石のことを言います。 おにぎりなどを持参してペラペラ石で一息つき、そこでよく人々が「ペラペラ」と談笑をしていたという話からこの名前となったとのことです。     目的地までは山を登って向かうため、足腰に結構来るので、事前にいろいろ準備をしたほうが良いかもしれません。 しばらく道に沿っていくと「ペラペラ石」と書かれた看板がみえてきます。           ここから2つに道が分かれていますが、距離が違うだけでどちらも同じ場所にたどり着くようです。 今回は少し距離が短い向かって右側の方を登っていきます。           しばらく登ります。 せっかくなので生い茂る植物たちから自然のパワーやエネルギーなどをいただいておきましょう。             そして、ようやくたどり着きました。 果たしてドウダンツツジは...! ところどころに咲いていましたが、まだ少し早かったようです。(苦笑)           例年見ることができるポイントにはまだ咲いていませんでしたが、道中にはいくつか花を咲かせる個体がありました。           このたくさん見られるスポットでかわいらしい花々を見ることができる日が楽しみです。           -----------------------------------------------------------------------------------------   高塚高原キャンプ場  住所:〒979-1201...

平伏沼2022

【川内村】平伏沼 モリアオガエルの卵塊(2022年)...

      (2022/06.17 取材時点)   川内村の『平伏沼(へぶすぬま)』にやってまいりました。   今回の目的は、川内村で有名な動物、モリアオガエルの卵塊の写真を撮ることです。     平伏沼は川内村の役場よりさらに先へ進んだ道から山に入っていくような道から向かいます。 しばらく進むとカエルの石像がお出迎えしてくれますので、そこから山へと登っていきます。   去年の記事もぜひご覧ください。 相双ゆたどさ「【川内村】モリアオガエルの鳴き声響く...

浪江アートプロジェクト1

【浪江町】なみえアートプロジェクト 第1弾...

      浪江町にて、新たにアートプロジェクトが始まったという情報を耳にし、さっそく見に行ってみました!   見つけた場所は、浪江町にあるあぶくま信用金庫 浪江支店。 東日本大震災以降、営業をしていないままとなっていた建物ですが、この建物の側面の壁にアート作品が展示されていました。           一般社団法人NoMAラボが主催する「なみえアートプロジェクト『なみえの記憶・なみえの未来』」は、東日本大震災および福島第一原子力発電所事故の被害を受け、復興に向けたまちづくりを推進する福島県浪江町(以下、「浪江町」)にて、屋外アートを町じゅうに展示することで、住民の方々が残したい町の記憶を紡ぎ、今後実現したい町の姿を共有することを目指すものです。           第一弾のテーマは、残したい「なみえの記憶」と、実現したい「なみえの未来」について、住民の方々に話し合って決定しました。 アートの制作は、『異彩を、放て。』をミッションに、知的障がいのある作家が描いたアート作品を社会に送り出し、福祉を起点に新たな文化を創り出している株式会社ヘラルボニーのアーティストに制作していただくことで、浪江町を誰もが自分らしく、異彩を放てる町にしたいという想いが込められています。   さて、それでは作品を見てみましょう。 展示作品は2作品。 どちらもお互い別々の方が制作されています。            なみえの記憶 ・テーマ :「十日市(とおかいち)」 ・アーティスト:日吉雅治...

まちなかガーデン_双葉駅前3

【双葉町】まちなかガーデン...

      JR双葉駅にやってまいりました。     今回は、双葉駅前に綺麗なお花が咲いている場所があるという情報を耳にし、さっそく見に来てみた次第です。   あたりを見渡すと、色とりどりのお花が咲いているところがありました! 駅を出てすぐ目の前にあるのですぐわかるかと思います。           バラの花やラベンダーなど、様々なお花を楽しむことができます。 敷地内は綺麗に整備されており、とてもオシャレです。               こちらは、一般社団法人ふたばプロジェクトさんが2020年から行っている活動『ふたば、ふたたび☆まちなかガーデンプロジェクト花植え活動』の一環とのことで、これまで町の木でもある『センダン』をはじめ、バラ、クリスマスローズ、チューリップ、ビオラなどたくさんの植物を植える活動をしてきました。 (参考:一般社団法人ふたばプロジェクト「ふたば、ふたたび☆まちなかガーデンプロジェクト」花植え活動レポート<外部リンク>)             駅は玄関口ともよく聞きますし、今後も綺麗な花々が双葉町に訪れた方々を迎えるとうな、スポットの一つになってくれたらなと思います。   双葉町に訪れた際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。             -----------------------------------------------------------------------------------------   まちなかガーデン(JR双葉駅前)  住所:〒979-1471...

双葉のおらほや_外観1

【双葉町】おらほや 双葉店「ふたばのおらほや」...

      双葉町にある双葉町産業交流センターにやってきました。 以前コチラのフードコートでは、震災以前に双葉駅前で愛され続け、その後コチラの施設内で営業を再開したファストフード店「ペンギン」さん、大堀相馬焼の皿を使用して濃厚なソースを絡めたなみえ焼そばを提供する「せんだん亭」さんを紹介いたしました。           そして今回は、前回ご紹介した「富岡町のおらほや」さんの双葉店。「ふたばのおらほや」を紹介いたします。    こちらでは、他のおらほやさん同様にボリュームたっぷりな料理の数々を提供しています。           カウンターには代表である横田さんの手書きのメニューがいっぱいに貼られています。 他のおらほやさんと同様、メニューが本当に豊富なので、何を食べるか悩んでしまいます。           食券販売機から食べたい料理を選んで発券します。           発券すると注文が自動でお店の方に伝わるのが驚きでした。 出てきた券は確認のため、料理ができた際にお店の方へ見せれば大丈夫です。     そんなわけで、今回選んだのはコチラの料理です。 ・ホッケ塩焼定食+ライス大盛り(800円+150円)   見た瞬間、大きい...!と思いました! もう見てわかるくらいの特大サイズ。 しかもホッケからあふれ出る油の量に驚きです。   身は肉厚で、塩加減と焼き加減がちょうどよく、ご飯がすすみます。 大盛りのライスはてんこ盛り。こちらも驚きです(笑)           ・鳥唐油淋鶏定食(850円) こちらもボリュームがすごいです! 一口では到底頬張り切れない大きさです。 油淋鶏に使用している中華風のタレもおいしく、鶏肉の美味しさをより引き立ててくれています。           肉汁たっぷり、サクサクの衣、そしてタレ...完璧ですね!   どちらも完食! ボリュームたっぷりで大満足です。     ボリュームが多いことは富岡店でも感じていましたが、どの店舗に行っても遜色ない満足感を与えてくださることがとてもありがたいです。   普段から力仕事をしている方々も多い双葉町では、ボリュームたっぷりの料理が手ごろな価格で楽しめるのはとてもありがたいのではないでしょうか。     なんといってもこの...

川房ローズガーデン(横田のバラ園)

【南相馬市】川房ローズガーデン(横田のバラ園)...

      南相馬市小高区にやってきました。           色鮮やかな光景が広がっています。 コチラは、地主の横田さんが人の集まる場所になってほしいという思いから少しずつ整備をはじめ、今に至ります。 実はこの川房ローズガーデン、去年も取材に行っていました。 その時よりもバラが増えており、驚きです。            ローズガーデンの向かいには前回の取材の時になかった看板が。 「横田のバラ園」と書かれています。 名前を変えたのだろうか?と思っていたのですが、どうやらこの看板、横田家出身で相馬市内に住む93歳の叔父さんが勝手に看板をつくって持ってきたのだそうです。 勝手に?!と思いましたが、叔父さんもこの場所に愛着があるのだと思います。 はじめは驚きましたが、名前を変えたわけでもないそうです。           さて、さっそく敷地内を見てみましょう。   特徴的なのは、なんといってもこの真ん中を通るアーチ状のエリアが本当に素敵でした。           ちょうどカメラマンさんが写真を撮っているところだったみたいです。 ほんとに雰囲気も出ていて、ポートレート撮影などにも良いのはないかと思います。           こんなにもたくさんのバラが楽しめるにもかかわらず、なんと無料で観覧できるようになっています。 お花の維持管理がどれほど大変か...ほんとうにありがたい限りです。           色とりどりのバラが楽しめる「川房ローズガーデン(横田のバラ園)」さん。           ぜひ一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。     ------------------------------------------------------------------------------------------   川房ローズガーデン(横田のバラ園)  住所:〒979-2164...

写真展「霞が晴れたら」

JR常磐線小高駅で写真展「霞が晴れたら」...

南相馬市小高区のJR小高駅で、いわき市の写真家 熊田誠さんの写真展「霞が晴れたら」が 7月31日(日)まで開催されています。 熊田さんが3月に出版した写真集から11点の作品が展示されています。 一緒に掲示されている熊田さんからのメッセージ『本写真展示について』を掲載させていただきます。 ====本写真展示について====  写真家...

【南相馬市鹿島区】ドリームゲートスタジオ

【南相馬市鹿島区】ドリームゲートスタジオ オープン!...

ダンススペース、音楽スタジオとして 「ドリームゲートスタジオ」が 2022年5月29日(日)、南相馬市鹿島区にオープンしました。 スタジオオープンに向け準備を進めたのは、トモダチプロジェクト(トモプロ)を運営する 株式会社LITTLESTAR代表取締役の狩野菜穂さん。 5月のオープンに向け、トモプロスタッフ、保護者やキャストのこどもたち 支援の方々と春休みから改装を続けてこられたそうです。 オープンセレモニーの進行は 毎週土曜夕方、狩野菜穂さんと「nappoしぇんしぇ~のドレミファ相談室」で一緒の rfcラジオ福島...

「なみえアベンジャーズ」ステッカー

道の駅なみえ「なみえアベンジャーズ」ステッカー...

浪江町商工会青年部が地域の再生と発展を願って考案した 浪江町ご当地ヒーロー「なみえアベンジャーズ」 [浪江町商工会青年部YouTube] 浪江町のご当地グルメや特産品 移動式水素ステーションも開所し「なみえ水素タウン構想」が進む”水素”などをモチーフにした 5人のヒーロー「なみえアベンジャーズ」がステッカーになり 道の駅なみえで販売されています。
葛尾村_クリムゾンクローバー8

【葛尾村】人々を魅了する深紅の花『クリムゾンクローバー』...

      (2022.05.24 取材時点)   双葉郡葛尾村にやってきました。     今回は、この時期に葛尾村で楽しめる素敵なお花の取材に来たのです。   その名も『クリムゾンクローバー』 クリムゾンクローバーはマメ科の多年草です。 しかし暑い季節が苦手なため、日本では一年草になります。           クリムゾンクローバーを楽しめるスポットは、数か所。 葛尾村の復興交流館「あぜりあ」にて、それぞれのスポットへの行き方が記載された資料を配布しています。 (施設へ入ってすぐ目の間にあるレジの横で配布されています。赤枠のスペースです。)           資料をもとに、さっそく向かってみました。   現地についてすぐ、なんだか不思議と甘い香りが漂っていました。 はじめて嗅いだ香りだったのですが、これがクリムゾンクローバーの香りなのでしょうか...?               現地に到着すると、我々のほかにも数グループが見物に来ており、写真を撮るなどしていました。           また、移動中、様々なところでクリムゾンクローバーが咲いているところを見かけました。           クリムゾンクローバーには、時期が過ぎた後に土にすき込むことで土壌を豊かにする肥料にすることができるのです。 その効果をふまえ、役場では村民に種を配布しており、休耕地を有効活用した村おこしの一環にもなっています。   自然に囲まれた葛尾村だからこそ、このクリムゾンクローバーが映えるのだろうと思いました。     各スポットでそれぞれ少し違った風景と表情を楽しむことができるクリムゾンクローバー。   見頃は、今月(5月)いっぱいとのことです。   ぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。           --------------------------------------------------------------------------------------------   葛尾村復興交流館『あぜりあ』  住所:〒979-1602...

おらほや 富岡店_鳥なんばんタルタル定食2

【富岡町】おらほや 富岡店...

      富岡町にある「おらほや」にやってまいりました。     もともと富岡町で惣菜や地場産品などを提供する「おらほ・ya」として営業していたのですが、東日本大震災で被災し、くわえて原発事故の影響で非難をせざるを得なくなったことから、しばらく営業休止していました。   これまで、なんとか営業は継続したいという思いを胸に、楢葉町や双葉町で店舗を再開し、日々模索しながら継続していました。   そんななか、店主である横田さんは、車で富岡町内を走っている時に、震災前に自身が営業していたお店の姿(おらほ・ya)を見かけて、やはり町内で営業したいとの気持ちが強まっていったそうです。   そうして奔走するなか、ようやく2021年に富岡町でお店を再開することが出来たそうです。   (参考:富岡観光協会「ボリューム満点の定食を食べに おらほや」)           そんな横田さんの熱い情熱が詰まったお店。さっそく入店してみます。    ...と、その前に先ほどから気になっていたロッカー。   お店に向かって右側に立つこのロッカーが気になり見に行くと... なんと『黄金柑(おうごんかん)』が販売されていました!   ここでいつでも販売しているのでしょうか? 今回はわからなかったので、次回また見に行ってみたいと思います。    ※黄金柑(おうごんかん)は、日本の柑橘類「黄蜜柑(きみかん)」の通称です。            さて、コチラが提供されているメニューです。 おらほやさんでは、定食メニューが基本のようです。           どれも魅力的で迷いますが、今回は『鳥南ばんタルタル定食』を頂くことにしました。   【鳥南ばんタルタル定食(880円)+そばに変更(+100円)】           おらほやの定食メニューには、基本的にみそ汁が付いてくるのですが、+100円で「そば」か「うどん」に変更することができます。 せっかくなので、今回は「そば」にしてみました。   料理が来た瞬間からすごいボリューム!と思いました。 一口では頬張り切れないほどの大きな唐揚げは、非常に満足感があります。   そばも美味しくて、選んでよかったです。             料理もおいしくて大満足。 お店の雰囲気もどこか懐かしい感覚で、来店していたお客さんたちも皆さん明るく話したりしていて、ちょっぴり元気を分けてもらえた気分になりました。   開店当時はランチ営業のみでしたが、現在は夜の営業もしているようです。 夜も行ってみたいですね。   店主の横田さんの思いが詰まった「おらほや」さん。     富岡店を訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。           ------------------------------------------------------------------------------------------------   おらほや...

おむすび専門店「えん」

【浪江町】おむすび専門店「えん」...

      浪江町役場の前にある仮設商業施設「まち・なみ・まるしぇ」にやってきました。           様々な分野の商業施設が入っているなかに、気になるお店があったので入ってみることにしました。           その名も「おむすび専門店...

清水寺の藤棚(浪江町)

【浪江町】清水寺の藤棚が今年も見頃です。...

      (2022.05.10 取材時点)   浪江町にある「真言宗豊山派 清水寺」にやってまいりました。             立派な藤棚を楽しむことができると、相双地域でも有数のスポット「真言宗豊山派...

お食事処・大衆居酒屋「一平」

【楢葉町】食事処・大衆居酒屋「一平」...

      楢葉町役場の向かいに店舗をかまえる、「お食事処・大衆居酒屋 一平」さんにやってまいりました。           ここは、食堂兼居酒屋ということで、日中は食堂、夕方からは居酒屋として営業しています。   相双ビューローでは以前にも紹介させていただいたことがあるのですが、それから実に6年ぶりです。           店内は、どこか懐かしさを感じるまさに"食堂"といった感じの雰囲気。とても好きです。   店内にはカウンター席とテーブル席があり、常連の方はカウンター席に座ることが多いのだとか。 さすが居酒屋といった感じで、カウンターの内側には様々なお酒が見えます。     メニューはこのような感じです。 比較的リーズナブルな価格で定食、丼物、麺類を楽しむことができます。           単品類も充実、飲み物もたくさんあって驚きました。 あとジャンボ・メガメニューというものがありました。           ...ジャンボ?メガ?なんだかすごそうです...!     さて、数あるメニューの中から何を選ぶか。 今回は「味噌ラーメン」「正油ラーメン大盛り」を注文しました。   「味噌ラーメン(700円)」           味噌の綺麗な色が目を惹くスープ。 そして山になったモヤシ。味噌の香りもして食欲をそそります。 モヤシのしばにある挽肉とコーンは、レンゲでスープと一緒にすくってグイっと一気に食べるのが個人的に好きな食べ方です。     「正油ラーメン大盛り(550円+麺大盛り150円)」           麺大盛にて頼んでみました。 正油の透き通ったスープ。光沢があってスープを早くすすりたくなります。 くわえて、具もたくさん入っていて彩り豊かです。   麺の盛りもちょうど良かったです。     どちらも美味でした! 今回は麺類のみだったので、ほかの料理にも挑戦してみたいですね。     役場からもアクセスしやすい「お食事処・大衆居酒屋...

なの花めいろ2022

【南相馬市】輝く黄金のカーペット"菜の花畑"...

      南相馬市原町区萱浜にある「なの花めいろ」にやってきました。   コチラでは、期間限定で黄色い花を咲かせた『菜の花』とそれを利用した『なの花めいろ』を楽しむことができます。             とてもきれいな菜の花。 これは東日本大震災の発生以降、地域の再生を目的に地域で活動を続けている団体「福興浜団」の方々が、日ごろから愛情込めて育てているもので、たくさんの方々に楽しんでいただこうと一般公開しています。             毎年人気の『なの花めいろ』は、広大な菜の花畑の中に迷路をつくり、スタートからゴールまで菜の花を間近で見ながら楽しむことができるアトラクション。 取材に来た際にも、何名か子ども連れの方々が一緒に迷路を楽しんでいました。             見渡す限りの黄色い絨毯。圧巻でした。           近くにある福島ロボットテストフィールドをバックに。           「なの花めいろ」は5月5日までと、すでに終了してしまいましたが、菜の花の見学は可能です。 花の開花状況にもよりますが、5月中旬までとのことなので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。           ----------------------------------------------------------------------------------------------------------   ◇菜の花迷路  住所:〒975-0036...