メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
   

相双ビューロー

福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
福島県・相双地方の
地域情報ポータルサイト
相双ビューロー

カレンダー

2022年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

アーカイブ

相双神旗ディネード

相双地域復興支援

Archive for 02, 2022

浪江町権現堂村絵図2

【浪江町】浪江町権現堂村絵図...

      皆さん、「権現堂村絵図」をご存知でしょうか?     2022年2月6日、国文学研究資料館教授で歴史学者の西村慎太郎さんが、浪江町の中心市街地権現堂地区の地図「権現堂村絵図」をデジタル技術で再現し、地図を作製・掲載したというニュースが話題になりました。     この「権現堂村絵図」は、明治政府が人々の土地の所有権を示す地券を発行する際、当時の町民が1872(明治5)年に作製した地図です。   日本近世史が専門で震災後、浜通り各地で大字単位の郷土史編さんに携わってきた西村さんが、絵図を後世に残そうと所蔵していた町民から借り受けてデジタル化。 雨風に強く、耐久性に優れる素材のシートに印刷したということです。   印刷したシートは、浪江町出身の歌人である三原由起子さんの父が同町内で経営していたおもちゃや自転車などを販売し、原発事故を機に閉業した「乗り物センター三原」の店先に掲げられています。           この絵図に書かれた地図は『地籍図』とも呼ばれるものなのですが、「地籍」とは、いわば「土地に関する戸籍」ということだそうです。 各個人には固有の「戸籍」という情報があると思いますが、様々な行政場面で戸籍が活用されているのと同じように、土地についても「地籍」というかたちで、行政の様々な場面で活用されています。それを調べることが「地籍調査」といい、調査したものを図面にまとめたものが『地籍図』となるそうです。   「地籍調査」は主に市町村が主体となって、一筆ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、境界の位置と面積を測量する調査です。 そもそもなぜ調査するのかというと、調査して詳細に知っておかないと土地の境界が不明確なため、土地取引等を行う際にリスクを抱えてしまうかもしれないからです。 この記事を書くまで、地籍のことを知らなっただけに、たしかに調査しておかないと困るだろうなと思いました。    ≪参考≫国土交通省...

小麦の奴隷 福島楢葉店

【楢葉町】小麦の奴隷 福島楢葉店...

新地方活性型ベーカリー 小麦の奴隷 (詳しくはwebサイトを http://komuginodorei.com/ を、ご覧ください) その22店舗めとなる「小麦の奴隷 福島楢葉店」が 2021年11月12日(金)に楢葉町の国道6号沿いにオープンしました。 とても人気のあるパン屋さんだと聞いていたので 商品が残っているか不安でしたが昼食時間を遅くずらしてうかがってみました。 が、次々にお客さんの来店があり、女性の方が多い印象でした。 ・バターおおくない?...

東日本大震災・原子力災害伝承館 外観3

【双葉町】東日本大震災・原子力災害伝承館...

      東日本大震災・原子力災害伝承館にやってまいりました。   写真の左側が伝承館、右側は産業交流センターです。           この施設は、東日本大震災と原子力災害の両方を経験した福島県において、これからの未来に向けて伝承する目的で誕生した施設です。           基本理念、 1.原子力災害と復興の記録や教訓の「未来への継承・世界との共有」   2.福島にしかない原子力災害の経験や教訓を生かす「防災・減災」   3.福島に心を寄せる人々や団体と連携し、地域コミュニティや文化・伝統の再生、復興を担う人材の育成等による「復興の加速化への寄与」   という3つを掲げ、2020年9月20日に開館しました。 ≪出典≫東日本大震災・原子力災害伝承館HP...

浪江町じゃらん - 表紙

【浪江町】観光パンフレット「浪江町じゃらん」が発刊されました。...

      旅行雑誌で有名な「じゃらん」から、観光パンフレット『浪江町じゃらん』が発刊されました!           道の駅なみえなど、浪江町の各スポットにて無料で配布されています。 さっそくいただいてきました。 (インターネット上からもダウンロードができます。) 浪江町:【浪江の魅力】観光・産品パンフレット URL:https://www.town.namie.fukushima.jp/site/understand-namie/25884.html 詳細はコチラ↓ なみえまるみえHP...

武ちゃん食堂 - 楢葉(外観2)

【楢葉町】ならはの味処 武ちゃん食堂...

      楢葉町、JR竜田駅の目の前にある「ならはの味処 武ちゃん食堂」にきました。   1971年に2代目店主である佐藤茂樹さんの父親が開いたこのお店。 30年前にお店を引き継いでから、妻の美由紀さんと夫婦でやってこられたお店です。 年中ほぼ休みなしで、時間外営業にも応じてくれるなど、地元住民に愛されるお店と評判です。           東日本大震災以前から同じ竜田駅前で長年町民に親しまれていた「武ちゃん食堂」。 被災後しばらくは仮設商業協同店舗「ここなら商店街」で、お客さんに料理を振る舞っていましたが、再び竜田駅前で新店舗とともに営業を再開しました。 左側が自宅で、右側が店舗となっていますとても綺麗な外観ですね。 「看板を見て『楢葉に帰ってきたな』とホッとできる店にしたい。」という思いが込められています。     提供しているメニューは結構豊富ですね。 税込み価格で記載してあるのはありがたいです! なんと定食系は値段を変えずに提供されているそう。これもありがたいです。           「カレーかけチャーハン(800円)」       カレーライスの白米の部分がチャーハンになって出てきました! カレーとチャーハンを一緒に楽しめてしまうすごい存在です。 中華スープもついてくるお得感!       「チャーシューメン(750円)」       トッピングはチャーシューのほか、干瓢とネギがのっていました。 柔らかく歯ごたえの良いチャーシューは絶品ですね。 スープもあっさりした口当たりです。       「肉炒め定食(800円)」       濃い目のタレが野菜とお肉に程よく絡まり、とてもおいしいです。         とくにシャキシャキ感のある玉ねぎがとてもよかったです。 なんと、"とろろ"もついてくるのが驚き。お好みでご飯にかけたりして楽しめます。 ごはんのお椀の蓋には「武ちゃん食堂」の文字が入っていたり。こういうの好きです。思わず写真撮りました。           そして看板メニューの  「ニラレバ炒め定食(800円)」       先代から受け継いだ特製のタレを使った味付けは少し濃い目。それ故にご飯がすすみます。 レバーはしっかりとした歯ごたえがあり、これはスタミナがつくなと思うほど。 そしてニラレバ定食にも"とろろ"がついてきました! "とろろ"とレバニラの組み合わせがまたしっくりくるんですね~。           どれもおいしくて満足感たっぷりでした! カツ丼なども気になるので、また来たいと思います!   地元の人々から愛され続ける武ちゃん食堂、竜田駅の前から、今日も皆さんに元気を-。   楢葉町を訪れた際にはぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。     ---------------------------------------------------------------------------------------------   ならはの味処...

ラッキー公園(道の駅なみえ)_外観

【浪江町】かわいいポケモンたちが集まる公園『ラッキー公園 in なみえまち』...

      浪江町にある道の駅なみえ。           その敷地内に2021年12月12日、人気ゲーム「ポケットモンスター(ポケモン)」のふくしま応援ポケモン「ラッキー」をモチーフにした全国初の公園「ラッキー公園...