メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
   

相双の んめモンっ

野馬土手カレー

相双ビューロー

福島県・相双地方の地域情報をぐぐっと集約。地域情報ポータルサイト【相双ビューロー】
福島県・相双地方の
地域情報ポータルサイト
相双ビューロー

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

タグクラウド

相双神旗ディネード

お天気チェック

応援してくださいっ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福島情報へ
人気ブログランキングへ

‘川内村’

故郷を伝えます【かーちゃんの力プロジェクト】...

  東日本大震災・原発事故で故郷を離れることになってしまった   あぶくま地域のかーちゃんたち。   農地も加工所も失い、地域のコミュニティーも   バラバラになってしまいました。   でもそんな元気なあぶくま地域出身のかーちゃんたちが、   負けてはいられないということで立ち上がりました。   それが【かーちゃんの力プロジェクト】です。 ...

7/16、川内村 第47回天山祭り

【川内村】偲:カエルの詩人 天山祭り...

詩人、草野心平先生を偲ぶ 第47回天山祭りが、7/16(月・祝) 川内村の天山文庫で開催されました。 いわき市出身で、川内村の方々と 心のふれあいを育んだ蛙の詩人、草野心平先生。 3,000冊におよぶ、先生の蔵書を川内村に寄贈され 村人ひとりひとりが一木一草を持ちより 村をあげての労働奉仕によって建てられた天山文庫。 1966(昭和41)年7月16日に落成。 ここに村人が酒や肴を持ちより、時を忘れて楽しむのが 心平先生は何より好きだったそうです。 それから毎年7月第2日曜に「天山祭り」が開催されてきました。 草野心平先生の肉声による 宮沢賢治「永訣の朝」、「雨ニモマケズ」の朗読が流され いわき市立草野心平記念文学館長と3名の方々により 心平先生の詩、「わが抒情詩」「秋の夜の会話」「婆さん蛙ミミミの挨拶」 「ヤマカガシの腹のなかから仲間に告げるゲリゲの言葉」 などが朗読されました。 朗読される詩をプリントし、天山祭り来場の方々のお手元へ。 毎年のプリントをファイルすれば 草野心平先生の詩集となります。    詩の朗読に続き、皆との酒宴が大好きだった心平先生に 鏡割りと献杯の後、”川内のごっつぉ”がふるまわれ 懇親会にうつります。       今年の天山祭りは 心平先生の生まれた、いわき市小川町のこどもたちが じゃんがら念仏踊りを披露しました。    心平先生の愛した川内村。 平伏沼には、今年もたくさんのモリアオガエルが 沼の樹上にたまごを産みました。 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ◆天山文庫 福島県双葉郡川内村大字上川内字早渡513 (地図はこちらから) TEL:0240-38-2836 【川内村観光協会】(URL:http://www.kawauchimura.com/) 【相双ビューロー】:天山文庫 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

3/17、がんばっぺ!!かわうち復興祭...

3月17日、土曜日 がんばっぺ!! かわうち復興祭が 川内村の、かわうちの湯を会場に開催されました。 (上記画像クリックで拡大表示します。) 東京電力原子力発電所災害から 去年2011年3月16日 川内村長が全村避難を決断して1年と2日。 震災当初、相双沿岸部の各町村から約6,000人が避難した 阿武隈山系に育まれた 村民3,000人のやさしい川内村は 当時、10,000人を超え 避難されてきた方々への食べるものを 村民のみなさんが、それぞれ提供し 1日に1食、それもわずかな量でしのいでいただいた。 着の身着のまま避難されてきた方々へ 川内村民みなさんが衣類・毛布を持ち寄った。 その避難場所となったところのひとつが この日、かわうち復興祭の会場となった かわうちの湯です。 あいにくの雨模様となった当日でしたが かわうちの湯、大広間には 復興祭を楽しみにする川内村の皆さん 応援する他地域からの方々、たくさんの人が集まりました。 あれ・これ市場前広場(かわうちの湯駐車場)には レトロなはたらく車愛好者の皆さん、コレ・持ち会の皆さんによる クラシックカーの展示、ミニSLの運行や ボンネットバスに揺られての川内村ぶらり旅 コレ・持ち会の皆さんからは、川内村「ひとの駅かわうち」旧校庭の ”ボンネットバス復活プロジェクト”のために 支援金が川内村へ贈呈されました。          【相双ビューロー】:ひとの駅かわうち(表示されるリンクページは震災以前の情報です。) 【相双ゆたどさ】  :川内村巡り(2011.07.15:掲載)  :【川内村】あぶくま高原の廃校活用の多目的施設(2010.8.27:掲載) また、東京・四谷を中心に事業展開されている 「韓国家庭...

こころ、むすぶ。東北観光博

今週末は、相双復興イベントへ...

2012年1月30日から3月17日まで先行開催されていた こころ、むすぶ。 東北観光博 東北全部が博覧会場だ。 東北6県を28のゾーンに分け いよいよ3月18日からの本格実施が始まります。 【こころ、むすぶ。東北観光博~東北ぜんぶが博覧会場だ。~】 (URL:http://www.visitjapan-tohoku.org/) 相双地域でも、この週末に 復興を願うイベントが開催されます。 川内村で、3/17(土)...

3.11ふくしま復興の誓い2012「キャンドルナイト」...

震災、津波から1年となった3月11日 犠牲となられた方々が安らかにお眠りいただけることを祈り これまでに寄せられた支援に感謝する 追悼の式典が県内や全国各地で、開催されました。 県内全域をつなぎ、復興に希望のあかりを灯す、絆のイベント 『3.11ふくしま復興の誓い2012~前を向き...

「相双ビューロー」福興イベント情報

1/29(日)は絆つながる ふくしまの春・天山、蕎麦ぶるまい...

相双ビューローサイトの福興イベント情報。 これから開催されるイベントや 相双ビューローが行ってきたイベントを紹介しています。 今週末の日曜日(1/29)にも 県内各地で相双を応援するイベントが開催されます。 JR福島駅では、「絆つながる...

(ぐるっと湖南・伝承会)手と手をたずさえて、がんばっぺ福島!...

前日までの雨が朝方にはあがり さわやかな秋の陽差しの戻った10/16、日曜日 相双から避難されている方々の多い郡山市で 手と手をたずさえて、がんばっぺ福島! 郷土食べつくし収穫祭が開催されました。 会場となったのは、郡山市湖南町のサンサングリーン湖南。 当初150名ほどを予定していた参加者も 一般参加を含め300名を超え 郡山市の仮設住宅へ入居されている 富岡町、川内村の方々約200名が送迎バスで移動。 収穫の秋を楽しみました。    企画・主催の、ぐるっと湖南・伝承会(URL:http://www.guruttokonan.jp/) 富岡町、川内村それぞれの社会福祉協議会を通して出店された皆さん ボランティアの方々や、後援の福島県県中地方振興局、湖南町商工会の皆さんが がイベント成功に向けた準備に力を注ぎます。    会場内では、夏に蒔いた湖南町の蕎麦を新蕎麦として また、郷土の料理「みそかんぷら」(じゃがいもの味噌と砂糖を加えた炒め煮) 湖南町の、たけのこ汁・富岡町女性部は、野菜の天ぷら・川内村女性部は、もち(あんこ・きなこ・高遠)。 漬物も数多く並び、食べ放題の収益の一部は 富岡町、川内村の社会福祉協議会へ寄付されるそうです。          購入したチケットの半券で 地場産品や農産加工品が当たる 抽選会も行われました。    会場内では、手打ちそばの体験や 餅つき体験も行われ こどもたちも笑顔で参加します。    企画・主催された、ぐるっと湖南・伝承会の大内会長は 「楽しみながら復興への絆を深めていただきたい  これまで郡山は相双とのつながりがほとんどありませんでしたが  これを機に浜に戻られても末長くお付き合いをいただきたい」 開会のあいさつで力強くおっしゃっていただきました。

相双12市町村の広報をウェブで閲覧...

相双の全12市町村の広報が 各市町村サイトから閲覧できます。 【広野町】 (URL:http://www.town.hirono.fukushima.jp/)  [左メニュー]INDEX → 役場オンライン → 広報ひろの 【楢葉町】 (URL:http://www.naraha.net/)  [左メニュー]カテゴリー →  【富岡町】(URL:http://www.tomioka-town.jp/)  [右メニュー]カテゴリー → 災害情報関連 → とみおか災害情報紙 【川内村】(URL:http://shinsai.kawauchimura.jp/)  [右メニュー]広報・かわら版 【大熊町】(URL:http://blog-okuma.jugem.jp/)  [右メニュー]categories → 広報おおくま 【双葉町】(URL:http://www.town.futaba.fukushima.jp/)  [左メニュー]広報ふたば 【葛尾村】(URL:http://www.katsurao.org/)  葛尾村臨時広報「ひろがる和」について(葛尾村) 【浪江町】(URL:http://www.town.namie.fukushima.jp/)  [右メニュー]広報なみえ 【南相馬市】(URL:http://www.city.minamisoma.lg.jp/)  [左メニュー]広報みなみそうま 【飯舘村】(URL:http://www.vill.iitate.fukushima.jp/)  東日本大震災関連情報 → 村からのお知らせ → 広報いいたてお知らせ版について 【相馬市】(URL:http://www.city.soma.fukushima.jp/)  [トップメニュー]広報そうまウェブ 【新地町】(URL:http://www.shinchi-town.jp/)  [本文メニュー]各種情報 → 広報しんち

川内村の伝統「盆野球」...

お盆の15日に 高校球児が白球に夢を託した 夏空広がる郡山・開成山球場で 第64回川内村夏季野球大会~野球で見せましょう 川内の底力を!~ が開催されました。    戦後間もなくの昭和23年から 村の発展を願って開かれた伝統の野球大会。 自然にあふれたやさしい川内村をこよなく愛した 詩人の草野心平先生も始球式などへ参加されていました。 今年は、東京電力原子力発電所災害により 立入の制限された「警戒区域」と 「緊急時避難準備区域」に指定された 川内村内での開催ができませんでした。 川内村の仮庁舎があり 村民の多くの方が避難している郡山市が 開成山球場を提供。 双葉高校1994年夏の甲子園出場時の4番を務めた 川内村職員の方を中心に、実行委員の皆さんが 村の伝統を絶やさないようにと、この日の開催を果たしました。 参加メンバー約110名。 県内、県外に避難されている川内村にゆかりのある皆さんが集いました。    参加メンバーは川内中学が2チームを編成。 村の行政区ごとに 国の天然記念物指定を受けている 川内村のモリアオガエルから ブルー・オレンジ・レッド・ホワイトの”ビッキーズ”4チームを組み 計6チームで大会に臨みます。 開会式には、福島県出身の巨人軍で4番を打った、中畑清さんも駆けつけ 「”盆野球”という言葉を初めて聞いた。  そんな事をしてるのは全国で君たちだけ  これはいい。何とか全国に広めたい。」 と絶賛。 始球式では、川内村村長の投げる球と3球勝負で 会場を盛り上げます。       「久しぶりに会えたみんなの笑顔がうれしい。」 実行委員長の何よりの言葉です。   

【川内村】蕎麦酒房 天山...

相双は、東の太平洋から、西の阿武隈の山脈を望む 海と山と川の自然と、豊かな恵みに育まれた地域です。 阿武隈高地の山懐に抱かれた川内村は 東京電力原子力発電所からの30km圏内に村全体が含まれ 東京電力原子力発電所災害により 一部が警戒区域とされ立入制限が敷かれ 全村避難を余儀なく続けさせられています。 このような状況の中にも 川内に残り仕事を続け、村民全員で戻れる日まで村を守ろうとしている 方々がいらっしゃいます。 家族を他県や、避難所へ避難させ、避難所と村を行き来しながら 村に残った方々のコミュニティを存続させるため 一時帰宅される村民の方々の拠所として 蕎麦酒房 天山を6月に営業再開された 店主、井出 茂さんも、そのおひとりです。    100年を経た古民家を移築し 川内村で栽培した、福島県オリジナルそば品種「会津のかおり」を 丁寧に石臼で挽いた、川内村産100%の蕎麦「高原の輝き」を使用した 本格十割手打蕎麦を提供してくれるお店です。    お店の名前の由来となった「天山」は 蛙の詩人、草野 心平 先生と川内村の方々との心の交流に由来します。 国の天然記念物であるモリアオガエルの生息地「平伏沼」(へぶすぬま)。 川内村を訪れる先生と、村民の方々の親交は深まり 先生は蔵書を村に寄贈され、村民が一木一草を持ち寄り文庫が建てられました。 その文庫は、中央アジアを越えて、東洋と西洋を結ぶ「シルクロード」にそびえる天山山脈になぞらえ みちのくと中央の交流、人と人との出会いを大切にしたいという熱意を込めて 草野 心平 先生が『天山文庫』と命名されました。 天山文庫の前庭で 例年7月第2日曜に開催されていた『天山祭』。 川内村を離れ避難されている方々が 村外遠方からお越しになられる方々が 草野 心平 先生を偲び、伝統芸能を披露し、酒を酌み 今年は7/23に会場を「いわなの郷」に換え開催されました。 7月下旬、蕎麦酒房 天山の井出さんから 暑中見舞いの葉書をいただきました。  天山祭のポストカードに  草野 心平 先生のカエルの詩  『ごびらっふの獨白』  (画像クリックで拡大表示します) ”頑張ってるね。見てるよ。応援しています。” 草野 心平 先生が愛した自然豊かな川内村と 先生が愛した川内村の方々の心は、今も受継がれています。 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ◆蕎麦酒房 天山 福島県双葉郡川内村大字上川内字町分211 (地図はこちらから) 営業時間:11:30~13:30 TEL:0240-38-2033 FAX:0240-38-3121 web:福島県川内村 蕎麦酒房 天山 URL:http://www.kawauchi-tenzan.com/ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

川内村巡り...

こんにちは~CrosSです:*+((((*o・ω・)o CrosS・・・川内村へ行ってきました(●´ω`●) 目的は「モリアオガエル」を探す事。 川内村には平伏山という山があり、その山頂付近に平伏沼(ヘブスヌマ)という モリアオガエルの繁殖地として国の天然記念物の指定を受けている沼があります。 モリアオガエルの産卵期は6月~7月。 まさに今がその産卵期。 CrosSは長靴に防虫スプレーにと虫と蛇対策を準備してイザ平伏沼へ~(*゚▽゚*)ワクワク   平伏山への入り道 こんにちは~かえるさん(●>ω・)ノ CrosS思わずシャッターをパシャリΣ[...